FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

何気ない

2010071618090000.jpg

何でもない話題をブログにするのはセンスがいると思うんですよねぇ。例えば、今この記事を書いているのは日曜日なもんだから、休日くらいは、そんなに堅苦しくもなく、お酒に固執するわけでもなく、かと言ってお笑いにならないような、のほほんとした記事を書いてみようと思ったりもするんですが、書こうと思っても書けねーんだな、これが(汗)。

最近、ちょいと前よりは更にブログを書くのが早くなってきて、朝の始業前1時間もあればほぼ書き上げちゃいます。書きたいことがハッキリと頭の中にあれば、40分くらいで書いちゃいますね。しかし、私のブログって、そういう意味では小慣れちゃって、何か明確なと言うか、物的なと言うか、な対象について書かれていることが多いんじゃないですかね。

朝のひんやりとした空気感だとか、朝ごはんがいつもより少し美味しかった幸福感だとか、出がけの娘と交わしたひと言のほのぼの感なんかを記事にしたことはあまりないんじゃないのかなぁ。いや、別にそういうブログにしたいなんて思ってるわけじゃないんですけど、そういうことが文章にできれば、ネタ探しには困らないかなと・・・(笑)。

まぁ、どっちにしても私にゃ無理でしょうけどねぇ(汗)。そういう些細なことを感じるセンスがないし、それを言葉にして表現するセンスもありません。きっと、そういう範疇のブログカテゴリーもあって、サラッとした読み心地の記事をお作りになれるブロガーの方も多いんでしょうが、筆の立たない私とするとうらやましいと思っちゃいますね。

何でもない文章なんか読んで、何か意味があるのかと言われると、そこは、それ、文学とかいう世界になってくるもんだから、私のブログの趣旨からいえば必要のないことなのかもしれませんが、古い池にカエルが跳び込む音に何かを感じるのが日本人でしょうから、その辺の感性も大切にしたいっていう気持ちが多少はあるんですよ、私にも(笑)。

そういう意味では、写真にもそれと同様のいい方ができるかもしれません。これといって何が写ってるわけじゃないんだけど、何かを感じさせるような写真ってありますよね。報道写真のように明確な目的がなくても、そこに何かを訴えかけるような力のある写真ってあると思うんですよね。そんな写真1枚と、そんな文章少々でブログが書けたらちょっとカッコいいよなぁ。

ということで、上の写真は、あるところで接写の試し撮りをした時のもの。机の上に置いてあったバックの持ち手の部分を撮っただけです。こうやって、テキトーに撮った写真に、テキトーな文章をつけて、テキトーに記事を書き上げたいなんていう私の野望が読者のみなさんにバレないうちに、今日は筆を置いときますかね(笑)。


□□□ お盆に入るとポイントが激減するんです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

文筆業(笑)

先日はお名刺いただきつつ僕のを忘れちゃって失礼しちゃいました。
実は4月から広報の部署に異動して、仕事の一つに社内報みたいなものを作成することがあるんです。今までなかったモノを創刊するってことで、つい先日、第1号を発行しました。
軌道に乗れば、職場から投稿を募って、じゃんじゃん掲載できればいいんですが、今回はほとんどの原稿を書きました。書くことはキライじゃないんですが、やっぱり同じ人間が全部書いてしまうと、トーンというか、全部同じようなまとめ方になってしまって、別に僕のエッセイ集作ってるわけでもないのにね(笑)
読みやすいとか、いろんなスタイルや文体を使い分けるとか、そんなことで勉強が続きそうです、僕。

  • 2010/08/09(月) 07:04:15 |
  • URL |
  • メグム #JalddpaA
  • [ 編集 ]

感性

何気ないこと、何気ないものに何かを感じて、文章や写真、絵に表現するのって、
言われていると確かに難しいかも。
詩とか、エッセイとか、小説とか、歌詞だって・・・。
そういう才能を芸術って言うんでしょうね。

文章を分かりやすくまとめて表現するのも、一種の才能だと思いますけど、
それは芸術とは、ちょっと違うのかも。
芸術家は、創作って言うんですかね、表現を作り出す力を持っているんでしょう。

そういう意味では、お酒造りも、ひとつの芸術と言えなくは無いですよね。
そう、岳志さんは、写真や文章のプロじゃなくても、
お酒造りのプロ、職人なんですよ。(^^)v

  • 2010/08/09(月) 18:07:48 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

わびさび

日本人的な精神(^^;

時代毎に変わってるんじゃないかな(>_<)

「古池や~」って俳句も当時の人もわかった!
って人は意外と少なかったりしてね(苦笑)


感じたものを感じたままに…評価するのは他人にまかせて好きに書くのが良いんじゃない(*^^*)

  • 2010/08/09(月) 22:26:52 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: 文筆業(笑)

社内報っていえば、会社としてはかなり重要なものですよね。
ちょっとブログを書くように気軽に手をつけるわけにはいかない感じ(汗)。
最初のうちは、自分のエッセイ集になってもしょうがないんじゃないですかね。
そのうちに書くのが嫌になってきたあたりで、他の人に原稿を押し付けるとか・・・(笑)。
自分のスタイルが出来上がるまでが苦労するのかもしれませんね。

  • 2010/08/10(火) 07:45:52 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 感性

いやぁ、お酒造りの芸術家と言われるとチトこっぱずかしいような気が・・・(汗)。
自分の感性を使って何かを創り上げるっていう点からみると同じなのかも・・・。
職人と芸術家の境界線はかなりあいまいなのかもしれませんね。
お酒造りは半分は体力勝負ですけどね(笑)。
私のブログは、これまで通りで行くしかないんでしょうねぇ。

  • 2010/08/10(火) 07:51:28 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: わびさび

ものを理解する時の精神構造は時代によって変わってはくるでしょうね。
その中で連綿と私たちが受け継いでいる部分と、新しく獲得していく部分のバランスみたいなものが、その時代の世相を反映したものになるのかもしれません。
私なんか、どの時代の俳句を読んでもあんまりピンとこなかったりするんですが(汗)。
やっぱり、センスがないんでしょう(笑)。

  • 2010/08/10(火) 07:55:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1444-ddcbb471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)