FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

真夏の失敗

2010080612060000.jpg

8月は蔵の仕事を集中的にやるなんて昨日のブログに書きましたけど、「夏なんて、そんなにやることなんてないじゃん」と思われる読者のみなさんもおられるかもしれません。お酒造りっていう点から言えば、確かにやることは全くありません。蔵内の片付けは終わっているし、秋からの造りの準備をするには早過ぎますもんね。

お盆前までは、会社として一番手がかかるのは粕詰め作業です。今、長生社でも毎日のように粕詰め作業は行われていますが、それもあと1日くらいで終わるかな。おかげ様で、既に在庫はほとんどありませんから、今年も全量売り切ることができそうです。粕を保存してあった冷蔵庫も空になって、ようやくスッキリしました(笑)。

しかし、ここ数年の私自身の仕事の進め方としては、秋口から日本酒もそれなりに出るようになりますから、そのための準備をする期間が8月っていう感じになってるんですよね。具体的には、ビン詰をするためのお酒の濾過をどんどんやっておいたり、蔵内のタンクのお酒を後で都合がいいように移動したりしておくんです。

ってことで、お酒の移動をやっていた時のこと・・・これは、以前にも記事にしたことがあったと思いますが、簡単にお酒の移動なんて言っても、それなりの所作が必要になります。1本のタンクに入っているお酒を、丸ごとそのまま別のタンクに移すっていうことなら簡単ですが、ブレンドするなんていうことになれば、その量を測りながら移動することになるじゃないですか。

量を測りながらっていうことになると、これまた面倒くさい話になって説明が困難になりそうですが、タンクの中のお酒の量っていうのは、タンクの淵から液面までの距離で測定するんだっていうことも過去にお話ししたことがあったと思います。ですから、単純に言うと、「タンクの淵から何ミリのところまでお酒を入れる」っていう判断になるんです。

ちょっと頭がこんがらかるかもしれませんが、その距離、『尺』と呼ばれますけど、尺の数字が小さい方がタンクが一杯っていうことで、お酒の量としては多くて、数字が大きくなると底の方にしかお酒がないっていうことで、お酒の量は少なくなります。ここまでの説明で息切れしそうですが、まぁそういうもんだと思って納得してください(笑)。

で、ようやく今日の本題に入れます(汗)。暑さでちょっとボケ気味だったのか、「1580ミリまでお酒を入れる」ところを、「1850ミリまで」と勘違いして思い込んじゃってたのが今回の私の失敗でした。つまりは、お酒を入れる量としては少な過ぎたっていうことですね。移動作業が終わって、ポンプやホースを片付けて、処理を記録しておく帳面を書き始めたところで、「げっっっ・・・」と気が付いたような次第(涙)。

仕方がないので、お酒を追加移動しなくっちゃならなくなりました。全く同じような内容の仕事を2回続けてやるっていうのは、何とも脱力感を伴うものですよねぇ。1回で済むことを2回でやるんだもん。それも、自分の落ち度で。加えて、うだるような暑さだし・・・。こういうミスはあんまりやったことがないですから、ゲンナリきましたよ。「毎日が楽しいばかりじゃないぞよ」と、神様に忠告された一日。


□□□ クリック一発!夏バテ解消! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

一安心

ドキッとしちゃいました。取り返しのつかない失敗かと思って、お邪魔した直後のことだけに。修復できることでも、この炎天下ではやっぱり気が滅入っちゃいますね。
木曜日は、大鹿村を目指したんですが、かっぱ館を過ぎたところで「土砂崩れで大鹿までは行けんよ」って看板があったので、諦めて国道で帰りました。カツ丼食べて眠気もあったので、途中で昼寝しながらのんびり走り、陽が傾いた頃に阿智から三河の山間部を通り抜け、ヒグラシの鳴き声がとても心地よかったです。
また、お邪魔しますね、邪魔にならない程度に(笑)

  • 2010/08/07(土) 09:52:05 |
  • URL |
  • メグム #JalddpaA
  • [ 編集 ]

お疲れ~

青空と雲の写真、いいですね♪

前にも何か、思い込みで失敗したこと無かったでしたっけ?
少なかったんだから足せばいいじゃん・・・と思いましたけど、
片付けた後だと、ちょっとキツかったですね。(^^ゞ

逆に入れすぎた場合も、ポンプへのつなぎを逆にして、元のタンクに戻すんですかね?
暑い中、お疲れ様でした。

これから、例の酒屋さんに鶴を買いに行ってみます。
初めての酒屋さん。
入荷したのが残ってると良いけど。

  • 2010/08/07(土) 10:01:30 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

まあそんなことも

ありますよね・・・

  • 2010/08/07(土) 17:08:05 |
  • URL |
  • kida #-
  • [ 編集 ]

Re: 一安心

大丈夫です!もし、本当に取り返しのつかない失敗だったら、記事にしません(笑)。
メグムさんのお越しになった翌日の話ですから、メグムさんのせいでもありません。
そうですか、今あのルートでは大鹿へは行けないんですか(汗)。
ソースかつ丼食べた後じゃ、眠くなるわな(笑)。
あのハーレーもご機嫌よさそうで、ご無事で何よりでした!

  • 2010/08/07(土) 18:13:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お疲れ~

新しい携帯のカメラは、何となく魚眼レンズっぽく撮れるような気がするんですが・・・。
失敗ならいくらでもありまっせー(笑)。
ガックリきた時には、ブログに載せてみんなに慰めてもらおうっていう魂胆なんです。
おぉ、例の酒屋さんに行かれるんですか!
とても元気そうな店長さんでしたから、きっと威勢のいいお酒が並んでいると思いますよ。

  • 2010/08/07(土) 18:15:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: まあそんなことも

ありますよねぇ。
きっと、kidaさんも同じような経験をなさったんでしょう(笑)。
しかし、そういう経験を積んでこそ人にやさしくなれるんだと自分に言い聞かせて、失敗したことを早く忘れようとするのが私のいいところです(笑)。
ですから、失敗した当日に記事にしないと忘れちゃうんですよ(汗)。

  • 2010/08/07(土) 18:18:18 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

あるある

パソコンで加工したファイルを保存せずに消しちゃったりして
もう一度同じ作業をするハメになるとか、ありますよね(笑)

今回の場合、多すぎるよりは、まだリカバリーがきいたから良かったのでは?
同じ作業を二回すればカバーできるのと、もうどうしようもないのとでは
だいぶ違いますからね(笑)

  • 2010/08/07(土) 22:37:39 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: あるある

どんな種類の仕事にも同じようなシチュエーションってありそうですよね。
結局またやり直しーみたいな(笑)。
さすがZENさん、今回の場合はリカバリーがきいたってことがお分かりで・・・。
ブレンドしている時に、片方を入れ過ぎちゃったっていうことになると、もうどう仕様もありませんからね。
まぁ、そんなに厳密なものでもないんですけどね(笑)。

  • 2010/08/08(日) 07:40:21 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

酒をこぼした

作業が二重手間になって大変だっただろけど、酒そのものには影響がなくて幸いでした。

もう40年も前で時効だから書けるんだけど、僕なんかは入社して間もないころ、先輩に教えられながら酒の移動をしていたとき、上呑みがちゃんとしまっていないのに気がつかなくて、酒の移動を始めてしまった。

途中で気がついたときはすでに数十リットル単位で酒は流れてしまっていたのです。

もちろん僕も先輩も真っ青になりましたが、これを正直に報告すると、上司から叱られるのはともかくとして、税務署へその顛末を報告して、検査を受けたり、一杯ややこしい書類を書かなければいけないので、
ここはごまかそうということにしました。

流してしまった酒は取り戻せないので、数十本のタンクから少しづつ酒を抜いて(誤差の範囲になるように)、帳尻を合わせました。
時間外に先輩とふたりで必死でやったことを覚えています。

でも、それからはどんな作業も必ずチェックをするという習慣がついて、類似の事故はまったく起こさなくなりましたよ。

Re: 酒をこぼした

これはよくありそうな暴露話ですね(笑)。
昔話的に懐かしんでこういう話題が話せる酒ひろしさんが、何だかとってもうらやましい・・・。
タンクも大きいし、移動の量だって相当なものだったでしょうから、きっと大変だったでしょうね。
この手の亡失を税務署に届け出ようとすると面倒臭そうです(汗)。
かつて長生社でもそういう事故もあったらしいですが、私は幸いにも経験がありません。
でも、酒ひろしさんが必死でタンクから酒を抜いている姿を見てみたいもんです(笑)。

  • 2010/08/10(火) 07:36:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1442-5b3285c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)