FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

お祭開始

2010073120430000.jpg

7月までになるべく県外の酒販店さんに営業にお邪魔して、8月は蔵の仕事を集中的にやって、9月は地元神社のお祭に忙殺される予定の岳志です。お酒造りは1年単位のサイクルがカッチリと決まっちゃってますから、予定が立てやすい半面、限られた時間の中にタイトな計画を詰め込まなくっちゃならない側面もありますね。

9月はお祭で忙しいって書きましたが、1年以上も前からサンセールさんたちが計画している仙台での日本酒フェストがありますから、その前後に東北回りの最後の営業をしようとは思ってるんですけどね。日本酒フェストブログも、ブログランキングで10位以内に食い込んでますよ。でも、サンセールブログより上位にいるって、どーゆーこと(笑)。

8月に蔵の仕事をやるっていうのは、読者の皆さんには奇異に聞こえるかもしれません。田舎ではお盆は人寄りがあっていろいろと忙しくなりますが、首都圏は逆に閑散とする時期になるので、酒販店さんが長期休業になったりするんですよね。ですから、お盆の前後には営業回りはしないようにしているんです。それに、暑いしね(汗)。

と言うことで、そろそろお祭に関する動きが出てきて、身辺が慌ただしくなりつつあります。このお祭は、駒ケ根市にある二大神社のうちのひとつのものなんです。私たちは、祭典委員会の中の青年団っていう位置付けで、お祭り当日の実行部隊になるわけです。hamaちゃんとかも青年団に入ってますよ。ちなみに、もうひとつはisuzuさんの神社のお祭りです。

体のそこらじゅうがガタピシいっている私は、もう獅子振りをしたり太鼓を叩いたりすることはできません(涙)。笛の部もあるんですが、今更笛に乗り換えるのもチト億劫です。仕方がないので、前回のお祭りから進行部っていう、当日のお練りの動きを統制する部門に配属されています。肩書きだけは町二区青年団副団長です(笑)。

私たちのお祭は、一日中街なかを練って歩く、そのお練りが最大の見ものです。人数も多いので、お練りの隊列が整列しただけでも300メートル近くになります。それが練り出すと500メートルくらいになって、どこかで誰かが全体を見ながら隊列を進行させないと収拾がつかなくなっちゃうんですよ。これがまた、結構大変な仕事だったりするんですけどね(汗)。

お練りの練習が8月のお盆過ぎから始まりますから、各区での青年団の結団式だとか、事前の打ち合わせが頻繁になってきました。お祭になれば、当然飲むわけです(笑)。それに、雰囲気的にはビールじゃなくって日本酒っていう感じにはなりますよね。まぁ、実際にはビールの方が圧倒的に多いわけですが、信濃鶴だってしっかりと飲んでもらってまっせー。

写真は、先日行われた結団式の片付けの時のもの。持ち込まれた日本酒が全部なくなるっていうのは気持ちのいいもんです。本当だったら一升瓶が恰好がつくんですが、冷酒が飲みやすいっていう世代が圧倒的ですから、若者にお酒を知ってもらうためにも、信濃鶴の純米生酒に頑張ってもらいました。はてさて、今年のお祭りでは、鶴はどのくらい羽ばたいてくれるんでしょうかねぇ・・・。


□□□ 身内ばっかりランキング(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

ブルーの瓶が

なんとも涼しげで夏らしいですね~
いっそのこと、青い一升瓶に詰めて「夏酒」とか名前変えて売ればいいのに(笑)

それはそうとして、鶴の生酒って「生貯」じゃなくて「生詰め」でしたっけ?

  • 2010/08/06(金) 12:36:10 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

お祭り

お祭りが始まるまでの、裏方さんの準備は大変ですね!
でも、日本人のDNAにはお祭りが組み込まれているから、皆さんは忙しいなかも苦痛ではなく、キッと喜びというか、充実感のようなものを感じておられるのではないでしょうか?

何人で飲まれたのかは分かりませんが、若い人たちがこれだけお酒を飲んでくれるのも嬉しいですね(まさか岳志さんが半分以上飲んだ、ということは無いと思いますが)

祭りと酒は切っても切れないものですから、それを伝えるのも私たちの仕事ですね。

暑い中ですが、頑張ってください。♪

Re: ブルーの瓶が

この瓶は夏っぽくていいですよね。
夏吟醸とか今年はよく売れてるようですから、そんな商品もいいかもしれませんね。
そういうものに、そんなにすぐに飛びつけないところが、私の頭の固いところですが(汗)。
鶴の生酒は生生で、アルコールが14度台です。
夏を超えると、生貯の商品も出てくるんですけどね。

  • 2010/08/06(金) 17:13:51 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お祭り

おっしゃる通り、お祭りの裏方っていうのは、準備から何から大変なんですよね。
とは言え、いったん始まるとどんどんとやる気になってっちゃうからおかしなものです(笑)。
獅子や太鼓の練習も、裏方の打ち合わせも、基本的にはやりたくてやってるようなものでしょう。
お祭りになると、若者も遠慮しがちに日本酒を飲んでくれるからうれしいです。
私は飲み会の時には、一生懸命に注ぎ役に回っています。
「俺の酒が飲めねーのか」っていうのは、私のためにあるような言葉ですからね(笑)。

  • 2010/08/06(金) 17:19:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: Re:お祭り

> 「俺の酒が飲めねーのか」
座布団一枚っ!(笑)

  • 2010/08/06(金) 17:42:11 |
  • URL |
  • けろ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

祭りと言えば

酔っ払いがつきもの。(笑)
楽しくて、つい、呑み過ぎちゃうのも分かりますし、
人に迷惑を掛けない程度なら許されるもんですよね。
鶴も稼ぎ時でしょうか。(笑)

今日の札幌は暑いですよ。
こんな時の一杯目は、やっぱりビール。(^^ゞ

  • 2010/08/06(金) 18:36:22 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: Re: Re:お祭り

この台詞は、私が飲み会の時にお酒を勧める決め台詞になっています(笑)。
座布団一枚あげたくなっちゃいますよね。
正にこの通りですからね。
ただ、お酒が信濃鶴じゃないと言えませんが・・・(汗)。

  • 2010/08/07(土) 07:33:43 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 祭りと言えば

まぁ、お祭りは半分は飲むためにやるようなものかもしれませんね(笑)。
私たちも、毎日の練習の後には、必ず集会所なんかで地区ごとに一杯やるんですよ。
ですから、お盆過ぎからお祭りまでは、イヤでも毎晩飲めるわけです(汗)。
基本的には第3のビールっていうのが安上がりなので、そっちに行っちゃいますけどね(涙)。
私は頑張って鶴を飲みますよ!

  • 2010/08/07(土) 07:36:37 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1441-f40ad76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)