FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

戸隠神社

20090717123901.jpg

今週は長野市へ2回も往復するような形になっちゃいましたが、県の酒造組合が長野市にある関係で1年の間に何回も行きますねぇ。ですから、私の中であまり長野ネタっていうのは新鮮味がなくなっていて、皆さんにご紹介すると面白いことももっとたくさんあると思うんですけど、なんとなく見逃しちゃっている気がします(汗)。

だからって言うわけではありませんが、昨日うずらやさんで蕎麦を食べた後にあまりに清々しい気分を味わったので、昨日の蕎麦の話の続編を書いちゃいましょう。昨日は携帯からの投稿だったのであまり詳しくは書きませんでしたが、昨日は午前中に所要があって早めに長野市に着いていて、午後の会議までに時間がかなり空いたので戸隠まで行ったんです。

長野市内からは、長野大通りから入っていくループ橋を使うルートと、信州大学の横から入っていくルートがありますが、どちらを使っても30分から40分くらいで戸隠高原まで行くことができます。ループ橋はらせん状の橋をひと回り半くらいするので目が回りそうになりますが、走りやすい道です。もうひとつのルートの方が道は狭い感じですね。

さて、蕎麦を食べ終わってうずらやさんを出ると、一緒に行った仙醸のK社長が「岳志さん、戸隠神社の奥社って行ったことがありますか?」って言い始めたんです。そう言われてみると、蕎麦を食べにここまで上がってくることはあっても、ちゃんと神社にお参りしたことはこれまでなかったんですよね(汗)。

彼も昔1回来たことがあるだけで記憶が定かではないようでしたが、立派な参道があって、その参道には大木が並んでうっそうとしていて、途中にある門の屋根は苔むしていて、まるでもののけ姫の世界だっていうんです。結局は彼がもう一度行ってみたかったっていうだけなんですが、そんな言葉に騙されて私たちもその気にさせられちゃったんです(笑)。ただし、2時からの会議には間に合わなくっちゃならないから、その門のあたりまで行ってみようっていう話になりました。

戸隠神社にはいくつもお社があって、一番奥に鎮座しているのが奥社っていうことなんでしょう・・・。天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れていた岩戸をこじ開けた大力の神様が祭ってあるらしい・・・。彼が投げ飛ばした岩戸が、今の戸隠山なんだとか・・・。まぁ、詳しくはisuzuさんにでも質問してください(笑)。

奥社の入口まで車で行って、その参道を歩き始めましたが、山の奥の方まで続いていく参道の先にもそんな山門は見えないじゃぁないですか(汗)。そもそもそんな門なんてないんじゃないのかっていう疑念を抱きつつ、なだらかなスロープになっている舗装されてない参道を歩き続けます。私はこの日に限って、歩きづらい革靴履いてたんですよね、これが(涙)。

「誰だよ、奥社に行こうなんて言い始めたのはよぉ・・・」文句タラタラで歩き続ける私たちでしたが、そのうちにその門が彼方に見えて、ほどなくその下までたどり着くことができました。でも、その門の屋根は見事にふき替えられていて、とても宮崎駿の世界じゃぁない(笑)。それに、こんな中途半端なところで引き返すなんて他の参拝客にも笑われるだろうし、ここまで来て奥社を見ずして帰るなんざぁ男が廃るっていう気持ちがフツフツと湧いてきました。

それに、その門の先は、写真にもあるように本当に立派な杉並木になっていたんです。これは行くっきゃないと、神様に背中を押されるように再び歩き始めたんですが、その後が大変だったんですよ、実際は(涙)。勾配がだんだんと急になって、そのうちに本当の山道みたいになっていきました。奥社にたどり着いた時には、足がヘロヘロ・・・。

後で分かったんですが、その参道はなんと片道2キロもあったんです(汗)。参拝客がみんなリュックサックしょってるわけだよ。中にはハイヒールの女性もいましたが、ちょっとした覚悟がないと奥社には行けません。でも、そんな覚悟もなく歩き始めた信仰心薄い私たちをその手元まで導いたのは、あの山全体が持っている神様のオーラだったんでしょうね。いい酒ができるように拝んできましたよ。


□□□ 富士山登山なんて私にゃ無理だな(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

良いことだ(^o^)

普段街に生活していて自然から離れているときに、山に行くと心機が澄んで落ち着くよ!

自分は一昨年地元の戸倉山登って熊を見た(゜_゜)

でもちゃんと登頂したよ!


戸隠神社は天の岩戸伝説だね。古代の神秘に触れて心機が澄めば人間も成長する…はず(笑)できれば、山にしばらく滞在すればもっと良い(^.^)


天照大神を呼び出すためにウズメが半裸か全裸になるように踊ったのが日本初のストリップショーだったって書くとストリップ見に行くかもしれないから、ここには書かないでおこう(^^;

  • 2009/07/19(日) 21:49:48 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

>>良いことだ(^o^)

山の中に入るっていうだけでも癒されるものがあるのに、ああいう霊山の中に入るとさらに心が落ち着くんですよね。
息は上がっちゃいましたけどね(汗)。
神様のストリップの話を知ってるなんざぁ、さすがに歴史小僧のバンダナさんですね(笑)。
神様のお話も、ちゃんと勉強すると面白いんでしょうねぇ。

  • 2009/07/20(月) 12:02:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

2キロぐらいはヘイッチャラよ
と、言ってみたものの

奥社の想い出は出張で長野営業所へ
前の晩にしっかりいただいて、歩くのがちょっとばかり大変だった・・何年前のことだったかなあ
でも、うずらやさんへは昨年2度も行ったちゃ

  • 2009/07/20(月) 17:05:02 |
  • URL |
  • 豊田の和ちゃん #/2CD/BNk
  • [ 編集 ]

>>和ちゃんさん

前の晩にしっかりいただいちゃったとすれば、あの2キロの坂道は大変だったんじゃないですか?
和ちゃんさんはあんまり自分の辛さを外に出さないタイプかもしれませんが(笑)。
歩いているうちに気持ち良くなってきたっていう感じだったのかもしれませんね。
うずらやさんは人気店だし、レベルも高いと思います。
私も何回でも行きたいお店です。
必ず待たされるのが難点ですが・・・(汗)。

  • 2009/07/21(火) 08:11:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1049-081c18b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天岩戸の扉が戸隠に?♪

日食からはじまったお話が、 思わぬ展開で地元長野のお話に繋がりました。☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆ ★☆gremz☆…オ...

  • 2009/07/24(金) 08:16:16 |
  • 五十鈴神社『宮司の社務日誌』