専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

山恵

IMG_0373.jpg

今年も届きました!秋の味覚を代表するキノコです!!!手前の一番大きい一枚が『クロカワ』、その他が『コウタケ』です。私のワイン師匠であるK君は、いろんな意味で山男でもあって、アルプスへの登山もするし、里山でキノコ採りもするし、もしかしたらどこかの山奥でワイン会なんかも開催しているかもしれません(笑)。

で、毎年この時期にはキノコの王様マツタケを始めとして、玄人っぽいキノコを探して山に分け入っているそうで、ある程度収穫があるとおすそ分けを持って来てくれるんです。私は山に入ってキノコ採りをするほどの知識はありませんし、食べるのは好きでも、わざわざ採りに行くなんてことは滅多にありません(汗)。

この時期、地元のお店にはいろんなキノコが並びますが、例えばこんなに立派で虫にも食われていないようなクロカワなんて、田舎でもなかなか手に入りませんね。もっとたくさん採れるキノコならいざ知らず、元々がレアものキノコで、かつ状態もいい物なんて、自分で採らない限り手に入らないかもしれません。

調理の仕方は一択です。クロカワは焼いて大根おろしといただきます。もうこれしか私の中に選択肢はありません。少し苦みがあってお酒のつまみ以外には考えられなくて、例えば純米の無濾過生原酒みたいに香りの高い鶴と合わせると、そのマッチングはマジで最高です。マツタケとクロカワとどっちか選べと言われれば、私はクロカワを選ぶと思いますね(笑)。

コウタケはきっと漢字で書けば『香茸』ってことで、香りの高いキノコです。いろいろと調理法はあるみたいですが、我が家では炊き込みご飯にするのが常ですね。一度干してから調理した方が味が出るんだそうで、女房も少し天日にさらしてから炊いていたみたい。煮付けても美味しいらしいですけどね。

正に山の恵みで略して『山恵』ですけど、話が飛んで恐縮ですが、長野県が開発した新しい酒米は『山恵錦(さんけいにしき)』っていう名前が付いて、そろそろ今年からそのお米で醸された商品も登場してくるはずです。山の恵みに合うようなお酒になるのかどうか、そのうちに長生社でも使うことになるかもしれませんから要注目・・・蛇足話でスイマセン(汗)。


□□□ K君に感謝感謝感謝!!! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad