専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

納豆

IMG_0369.jpg

ついに今年もこの日がやって来てしまいました。常連読者ならお分かりの様に、それ以降は納豆を口にしないという『断納豆の日』です(涙)。これから、お酒を造り終わる春までは、麹菌の大敵である納豆菌を蔵に持ち込まないために、大好きな納豆を食べないようにするっていうのが毎年の方針になってます。

女房もしっかりと認識していて、9月の末には納豆購入量を制限し始めるようですが、10月の初め頃には食卓から姿を消して、私の目に触れることはありません。もしかしたら、女房はたまには私に隠れて食しているのかもしれませんけど、それを言うと私がうらやましがるから決して口には出しません(笑)。

とかく目の敵になっている納豆ですが、やっぱり実際に汚染された事例がありますし、一度そんな状況に陥ると麹室の殺菌も大変なことのようですから、とにかく触らぬ神に祟りなしを貫いて半年を過ごす方が無難です。あまり気になさらない杜氏さん方もおられますから、しっかりと手洗い消毒をすれば大丈夫なんでしょうけどね。

聞いた話ですが、納豆菌に汚染された麹は糸を引いて粘るんだそうで、そんなことを想像しただけでゾッとしますが、麹造りに命をかけている私達とすれば夢にも見たくない光景ではありますね。造りの間は、テレビで納豆の映像を見るだけでもちょっとのけぞり気味になりますもんね(笑)。

蔵の若手とも話し合って、今週からは麹室の掃除を始めるから、先週で納豆を食べ納めにしておくように打ち合わせておきました。掃除した後に菌が着いちゃったんじゃ、元も子もありませんからね。毎日食べるくらいに納豆好きなヤツもいるんですけど、この職業を選んだからには我慢してもらうしかありません(笑)。

今年は、切りが良く10月の頭から仕込みに向けての準備を始めることができました。先行して手を付けてある部分もありますから、それなりに余裕をもって進められそうです。私の身体も思うようにいかない部分も出てきてますから(涙)、なるべく大変な仕事は若いもんにまかせて冬を乗り切りたいと思ってます(笑)。


□□□ 低レベルの2位です(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad