専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

わさびのせ

IMG_0239.jpg

さて、昨日の記事の種明かしです。意地悪な質問だったんですけど、あのポスターのどこを見ても『信濃鶴』なんて書いてあるわけないんですよ(笑)。鶴が登場するのは、QRコードを読んで飛んでいくユーチューブの動画の中なんです。七味のせの方の動画に登場するんですけど、上の画像のQRコードって読めますかね?

この取り組みの主眼は県内の名産食材のPRってことで、それに加えて、地酒や地ワインや地ビールなんかも紹介していこうってことのようです。ですから、このポスター自体にお酒は出てきませんけど、このポスターに連動した内容になっているユーチューブ内の動画には、この蕎麦に合うお酒ってことで、七味のせとわさびのせそれぞれに1銘柄が出てくるんです。

食材が蕎麦ですから今回は当然の様に日本酒になってますが、その他のバージョンになったらワインやらビールやらも登場するんじゃないですかね。こんなカッコいい動画に信濃鶴が登場することは、これまでもこれからももうないかもしれません(笑)。ユーチューブに出演したのも、きっとこれが初めてなんじゃないですかね。

更にすごいことに、今回のこの鶴の採用に関しては、お金等は一切かかってないんですよ。体裁の整ったPR動画なんて作ろうと思ったらいくらかかるのか分かりませんが、勝手に採用してくれて、勝手に登場させてくれたんです。あえて言えば、手間がかかったのは特別純米の写真を提供したくらいですね(笑)。

私がどこかで働きかけをしたとかでもなくて、これは完全に客観的なデータに基づいて選択された銘柄のようです。毎年、県の市販酒を持ち寄った研究会がありますが、そこでの分析結果で、七味に入っている特徴的な香りに合わせる香りの高い部類のお酒ってことで、その成分の高い鶴の特別純米がデータ上で選ばれたみたいですね。

香り的には引き立て合うとは言え、七味の辛さとどうマッチするのかチト疑問ではありますが、蕎麦屋さんでの鶴の受けはいいですから、きっとそんなに間違ってはいないはずです。こういう場に取り上げていただいて、いきなり売り上げが伸びるなんてことはありませんけど、信州を紹介するPRのお役に立てたならうれしいことです・・・とか言いながら、蕎麦屋さんへの売り上げUPを期待してたりして(笑)。


□□□ 今度食べ合わせてみます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad