専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

マルスウィスキー

IMG_0235.jpg

最近、ジャパニーズウィスキーは大人気の様相です。サントリーさんやニッカさんのような大手以外にどれくらいの蒸留所があるのか分かりませんが、我が伊那谷にはマルスウィスキーさんがありますから、皆さんの需要にはお答えできるものの、過去の人気商品は次々に終売になって、新しいラベルのものが世に出ているらしいですね。

日本酒と違って、発酵させて蒸留して原酒ができたとしても、少なくても3年くらいは樽で熟成させる時間が必要ってことですから、その辺の製造サイクルみたいなものはあるんでしょうけど、とにかくすぐに商品にするってことはできなくて、売れるからってホイホイ追加を造るわけにもいかないのが難しいところでしょうね。

海外にも売れていくそうで、本社本坊酒造のお偉いさんな肩書きを持つまでになってしまった私と同年のT君は、外国の販売業者さんに呼ばれて講演をしに行くくらいに忙しいんだそうです。信濃鶴との差は歴然ですが(涙)、私もいつかそういう時が来る・・・かもしれませんから、彼からいろんな話を興味津々で聞いてます(笑)。

というような状況ですから、鶴を取り扱って下さっている酒販店さんの中にも、このマルスウィスキーを売ってみたいっておっしゃる方もおられて、そういうことであればマルスさんの販路拡大のお手伝いの意味も込めて、その橋渡しをさせてもらうような場合もあるんです。ホントにたまーにですけどね(笑)。

酒販店さんとしても、いきなり売れっ子メーカーの門をたたくのは気が引けることもあるでしょうから、それがいきなり取引につながらなくても、ちょっとした工場見学くらいさせてもらえれば、お互いのマッチングも分かりあえていいかもしれません。この日も、そんなお客さんが駒ケ根に来てくれて、マルスさんにお連れしたんですけどね。

さすがにT君の説明は分かり易くて面白く、お連れしたMさんもこれまで以上に思い入れが深くなったようで、もしかしたらこれでお取引が始まるかもしれません。そうしたら、養命酒さんのハーブのお酒も仕入れてもらって、この狭いエリアで造られるお酒をセットにして世界に打って出る駒ケ根フェアを是非やってもらいたいもんです(笑)。


□□□ 飲み助さん復活してますね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad