専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

大長野酒祭り



今年も開催された東京四谷での『大長野酒祭り』でしたが、やっぱり今年も暑いこの時期の開催で、例年よりは2週間ほど前倒しの開催ではあったものの、やっぱりやっぱり相当にホットな1日となりました。私達はずっとお店の中にいましたから分からなかったものの、入って来るお客さんの様子で外がどれくらい暑いのか容易に想像できましたね。

そこまでしても、居酒屋激戦区である四谷での飲み歩きイベントにお客さんが集まるってことは、日本酒業界としては大変にありがたいことで、こんなイベントを毎年開催していただいている実行委員の皆さんには、本当に心から感謝申し上げないとなりません。各蔵のブースをお手伝いいただくスタッフの皆さんも相当な数に上るはずですから、その運営力には毎年恐れ入ってます。

今年、信濃鶴のブースを置いていただいたのは四谷三丁目の『くりや』さん。表通りからはちょっと奥まった場所にある、隠れ家風の居酒屋さんでした。当日の朝お邪魔して、こじんまりとした店内のおすすめ黒板メニューをみると、どれもオッと目を引くかなり凝ったお料理がいろいろあって、居酒屋さんって言うよりも小料理屋さん的なんだろうと思いましたね。

女将さんがひとりで切り盛りするには限界の大きさでしょう。カウンターと小上がりがあって、日本酒もこだわった品揃えになってましたね。この日、カウンターには提供されるお料理を並べて、小上がりにシートを張ってテーブルを乗せ、私達はその上に靴で上ってお酒を提供する体制で臨みました。ご協力いただく料飲店さん側も、大変な準備が必要なんですよね。

くりやさんに同居したのは上田市の和田龍登水を醸す和田龍酒造さんで、いつも県の酒造組合で一緒に活動をしているお蔵さんでしたから、気心が知れていてやり易かったですね。お米違いの無濾過生原酒を3種類持って来られて、お客さんにも評判のようでした。暑い中を歩くわけですから、生原酒的なお酒の受けが良かったですね。こういう時に普通純米がいいっておっしゃるお客さんは、かなりの飲兵衛です(笑)。

もうひとつやり易かったのが、鶴の応援スタッフとして張り付いてくれたのがAちゃんだったことでしょう。彼女はこれまでも何度も鶴ブースに入ってくれていて、商品説明もお手の物なもんだから、何も事前にレクチャーする必要が無くて助かるんですよね。数ヶ月前に子供を出産したばかりだというのに、今年も駆けつけてくれて、一体どれだけ酒好きなのかって感じですが(笑)、本当に感謝感謝でした。Aちゃんありがとー!!!


□□□ 写真がありません(汗) □□□
■■■日本酒未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad