専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

タスク

しばらく前から、蔵で使っているパソコンの様子がおかしかったんです。スッゲー動作が遅くなる時があって、一旦そうなるとその後はいろいろ作業がしづらくて仕方がないって感じに陥ります。いろいろがモタついちゃって、画面の表示全般がパラパラとしかスクロールしていかなくなっちゃうんですよね(汗)。

これまでも時としてそういうことはあって、それでもしばらく我慢していれば、動作は元に戻ってくれてたんです。ま、それほど重い仕事をさせてるわけでもありませんし、もう古いパソコンですから、ある程度に動いてくれてれば私は満足なんですけどね(笑)。基本はエクセルとワードだけですから、それほどパソコンのパワーも要らないわけです。

ところが、今回の症状は、もう重くなり始めたら通常の作業もままならないようになっちゃって、どうしてこんな風になるのか私には見当がつかなかったんですけど、ググってみたら対処法が出てきましたから、『タスクマネージャー』なるソフトを立ち上げてパソコンの中で何が動いているか見てみたんです。

こういう場合、パソコンのメモリが何かのソフトに占有されて少ない状態になっているか、バックグラウンドで動いているソフトのせいでCPUが圧迫されているか、の理由が考えられるんだそうで、確かに何も表で動いてないのにCPUが常に40%くらい使われているなんていう結果になって、不可思議な状態だったんですよね。

更によくよく見てみると、『MicrosoftOneDriveSetup』っていうプログラムが原因らしいんです。ずーっとそのセットアップ用のプログラム(?)が動いていて、何してんだかは分かりませんが、そのプログラムだけでCPU能力の35%くらいを常に使っちゃってるようなんですよね。

タスクマネージャーでそいつを停止することはできて、そうするとパソコンの調子は元に戻るんですけど、毎回そんなひと手間をかけなくっちゃならないのはメンドーです(汗)。ってことで、このプログラムは動いてなくっちゃならないのか、動いてなくてもいいのか、動いてなくていいなら最初から起動しないようにできないものか、どなたかお知恵を拝借できませんかねぇ・・・。


□□□ これまでも動いてたのかな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad