専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

御意見番

今週開講された酒造技能士養成講座は、講師陣としてはその畑を生きてこられた経験豊富な皆さんにお願いしていて、杜氏さん、工業技術総合センター元職員、税務署員等の専門家のお話が聞けますが、やっぱり一番の先生ってことになるとお酒造りの師匠である大杜氏さんをメインの御意見番として柱に据えておかなくっちゃなりません。

この講座では岡谷市の高天酒造のI杜氏さんにその役をお願いしているんですが、県内では最も信頼の厚い杜氏さんのひとりで、県の杜氏会長も長く歴任されて、全国から杜氏が集まる東京で開催される講習でも長いこと講師を務めてこられたほどの経験の持ち主。小柄な方ですが、まだまだお元気でご活躍の名杜氏さんです。

私も、普段はほとんどお話しする機会もないI杜氏さんと、これほど長い時間一緒にいられるチャンスはないわけで、今回の仕事における私の最大の役得だったんじゃないかと思うんですよね。お酒造りの話ばかりはしていられませんけど、大先達から直接にいろいろと経験談をうかがうことができて、こんなに勉強になることはそう滅多にあることじゃありません。

もちろん、主には講習生たちに向けての初級編の話になるんですけど、それ以外の時間にはもっともっと専門的な内容を、後輩杜氏である私に直に伝授してくれたりなんかして、私も今回は気分的には生徒の立場でいたことの方が多かったくらいです。酒造りにおいては経験に勝るものはありませんから、どう転んでも敵うわけがないI杜氏さんから教わることは、もういくらでもあるんですよね。

古い映画の題名じゃありませんが、人間の最大の証明は経験なんだとか。人は経験したところまでしか理解できないんだってことは、お酒を造って30年にも満たない私のようなひよっこでも実感するところです。私の倍もの経験を積み重ねてきた先輩と長い時間を共有できたことは、私にとっても大変意義のある養成講座になったと言えるでしょうね。


□□□ ポイント低くても1番です(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad