専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

養成講座



今回の4泊5日の出張は、初日が酒Trapっていうだけで、残りの3泊4日は酒造組合と工業技術総合センターが行なっている『酒造技能士養成講座』の『麹編』の講座のためです。私は、酒造組合での製造技術委員っていう立場のおかげで、この講座の世話をしたり講義も受け持ったりして、実は結構大変な役割を背負わされちゃっています(汗)。

数年前に県からの予算が下りて、センターに大変立派な試験醸造設備ができたもんだから、この養成講座では本格的な製造実習が行えるようになって、長野県内の酒造メーカーに勤める若手蔵人への実地教育が本格化してるんですよね。実際に麹造りからお酒を仕込んで搾るまでを実習して体験できるんですから、若手達にとってはいい勉強の機会になっているんだと思います。

今回は麹を造る実習がメインですが、その合間に各種の座学が入っていて、税務署から講師を招いたり、センターの職員が教鞭をとったりしますが、中に酒税法で定められた記帳についてのコマがあって、私はそこも担当になってますから、麹を造ったり講義をしたりとそれなりに忙しいんですよ。事前の準備もしなくっちゃなりませんしね(汗)。

これまでも、センターからの依頼で何回かこの設備を使って麹を造ってきましたが、洗米から始まって出麹までが3泊4日かかりますから、もう何泊センターの休憩室に寝泊まりしたか分かりません(汗)。でも、今回は私が寝るための布団一式を3泊分借りてくれましたから、大してゆっくり寝てもいられませんが寝心地はとても良くてラッキーです(笑)。さてさて、そんじゃ、麹の面倒でもみてきましょうかね・・・。


□□□ 会社で麹を造るより慌ただしいです(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad