専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

酒Trap



さて、昨日ご紹介した賄いをいただいた後に臨んだのが、今年で4回目となる『酒Trap』なる挑発的なネーミングの日本酒イベントです。いろんな罠が仕掛けられたイベントだと、最終的には日本酒ファンになっちゃう罠だというわけですが、長野市近郊の酒販店さんと飲食店さんの有志が集まって企画しておられる、県内でももうよく知られたイベントになってきてるんじゃないですかね。

10軒の飲食店さんに、各々2蔵くらいずつが入って、各店をスタンプラリーしながら回って全てのお酒を飲んでいただこうっていう仕組みですが、とにかく全てのお店をひと通り回っちゃうまでは各お蔵のお酒は定量ずつしか飲めなくて、スタンプラリーが完成したらどこのお店に行ってどのお酒をどのくらい飲んでもいいっていうルールです。

参加証代わりのうちわにスタンプを押していきますが、今年はそこに番号が書いてあって、それと同じ番号のうちわが参加者の中に1枚だけあって、その人を見つけることができたら景品がもらえるっていう新企画が導入されてましたが、当初はそんな確率の低いマッチングは成立するわけがないなんていう意見もあった中で、想像以上に参加者の皆さんのペアが成立して盛り上がったそうです。

今年は信濃鶴がお世話になったのが、昨日もご紹介した『ひ魯ひ魯』さん。スタート時間からお料理目当て的に集まっておられるお客さんの多い、そこを見てもお料理が美味しいお店なんだと想像できる、和風な居酒屋さんでした。そもそもそんな風にお店が作ってありませんから、店舗の中でお酒を注ぐブースとお客さんが滞留する場所との動線がキツくはありましたけど、とにかくスゴイ混雑でしたね(汗)。

昨年から大幅にチケットを増やして600枚の目標だったそうですが、とてもとても足りなくて、最終的には650枚が完売だったようです。写真はブロ友のaoさんですが、わざわざ岡谷市から駆け付ける人もいたってことですね(笑)。とにかく熱意溢れる飲食店の皆さんに後押しされて、我々蔵元も頑張ることができました。こういう地元愛に溢れた声援がいただけるなんてなんと幸せな事か、ヒシヒシと感じるイベントになりましたね。


□□□ aoさん遠くからありがとー! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad