専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

梅酒

IMG_0060.jpg

先日、越百のえっちゃんが鶴を買いに会社に来てくれた時に、お土産に梅酒をくれました。どこかで買った商品じゃなくって、彼女が自分で作ったものでしたから価値ある一品と言っていいでしょう(笑)。ちなみに、『越百』は『こすも』と読みます。中央アルプスにある山の名前からとった店名ですが、『えつひゃく』じゃありませんからあしからず。

お味に関して彼女自身はあまり得心がいっていない様子でしたが、晩酌でしばらく楽しむ程度の量があって、お味も十分に美味でしたよ。我が家でも作りますが、えっちゃん製のものも、ベースが焼酎じゃなくって日本酒なんですよね。当然、鶴を使いますが、純米より特純の方が美味しいというウワサです(笑)。

梅酒もしばらく前にかなりのブームになって、日本酒メーカーでも自社のお酒に梅を漬け込むような形でいろんな商品が作られていましたよね。熱し易く冷め易いのが日本人ですから、今ではその時ほどの勢いはなさそうですが、日本酒メーカーの梅酒もある程度の認知を受けて市場に定着した部分もあるんでしょう。

普通の酒販店さんでは「梅酒はもうねぇ・・・」なんて話になるところを、「まだまだ、うちの売り上げの大半は梅酒で、推移も堅調ですよ」とおっしゃるお店もあるんです。鶴を扱っていただいている大阪のお店ですが、梅酒日本一は大げさかもしれませんが、日本でも指折りの梅酒専門部がある酒販店兼飲食店さんなんですよ。

当然、日本酒等もお売りになっておられますが、それよりも梅酒の比率の方がダントツに高いんだそうで、一芸に秀でるってことは流行にも左右されずに強いもんだと思わされますね。どれ程の量なのか分かりませんが、外国からの引き合いもそれなりだそうで、海外でのイベントに参加することもあるそうです。

梅酒は自家製だと思い込んじゃってる私とすると、味の違いとしたら自分の家で作ったものかえっちゃんが作ったものか程度の違いですが(笑)、これだけの種類があれば味も各々違って面白いんでしょうね。一点集中で特化して他を寄せ付けないなんて、私としても憧れの戦略ですが、長生社がなかなか上手くいかない理由を梅酒を飲みながら考えてるところです・・・(涙)。


□□□ 鶴の梅酒は美味しいですよ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad