専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

満員御礼

IMG_0063.jpg

さて、昨日のブログでは、今年の『酒メッセin大阪』の開始前の様子をレポートしましたが、一応は結果報告もしておかないといけないでしょうから、今日はその続編をお届けしますね。最終的には1500人に近いお客さんにご来場いただけて、昨年の1200人を大きく上回る結果になったってことのようです。

17日の月曜日開催で、そんな週の初めにお客さんが来てくれるのか心配ではありましたが、お酒を飲みたい気持ちに曜日は関係なかったみたいでしたね(笑)。更には、天気が非常に荒れて雨も風も強い中で、本当に大勢の皆さんにご参加いただきまして、感謝感謝と言うしかありません。

昨日もちょっと書きましたが、信濃鶴のブースは会場の入り口の正面でした。こういう場所は、会場入りしたお客さんがとりあえずの一杯をお飲みになりますから、人数が集中して結構大変なんですよね。それだけの人に飲んでいただけるんだからうれしいことなんですけど、ひとりでの対応ですから、休みなくお酒を注いでたっていう感じでした(汗)。

参加者が多かったから余計にそう感じたんだと思いますが、本当なら蔵の若手でも連れてきて手伝わせたいところです。毎年後悔はするものの、大阪まで出るとなるとそれなりの経費ですから、ちょっとひるんじゃうんですよね(汗)。これもいい経験ですから、勉強させるつもりでお金をかけられるように、しっかり鶴を売らなくっちゃならないってことでしょう(笑)。

事情はどこでも同じで、社長さん一人で対応しているブースも多かったですから、皆さん大忙しだったんじゃないですかね。午後の2時から8時までという長丁場でしたが、あっという間に終わったっていう印象でしたね。いつも思うことですが、どうしてイベント会場はこんなにも盛り上がるのに実際の販売が伸びないのか、そのギャップに悩みますねぇ(涙)。

参加人数の増加に比例してか、今年のお客さんの反応はとても良くて、鶴のことを気に入ってくれた方も多かった気がします。毎年鶴ブースに顔を出してくれる常連客(?)さんも来てくれて、もうちょっとゆっくりお話ししたかったんですけど、今年は忙しかったですかね。忙しくて頑張った分、鶴も売れてくれるといいんですけどねぇ・・・。


□□□ 氷を取り替えたりするのが大変なんですよね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad