専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

皆造

IMG_0040.jpg

ようやく、ようやく、ようやく、信濃鶴も皆造(かいぞう)を迎えました。毎年のことですが、ちょっと最後の方のもろみが長引いちゃいましたけど、先日蔵にある全てのもろみを搾り終わって、今期の造りがほぼ終了っていう形になりました。まだやることはありますが、大きな大きな節目ですね。

搾り終わったお酒は、まだ濾過をしたり火入れ殺菌をしたりという作業が残っていますから、完全に造りから手が離れたってわけじゃないんですけど、ある意味で、生き物が蔵からいなくなったっていうのは大きな変化で、毎日の世話やら分析やらっていう管理作業がなくなるのは、生活がとても楽になるっていうことなんですよね。

皆造なんてこの業界ならではの古風な表現ですが、読んで字のごとく『みんな造っちゃいました』っていう意味です(笑)。仕込んだもろみを全て搾り終わった日のことですが、昔の蔵人たちも、もろみを搾り終わった時点が一番開放感があったのかもしれませんね。この時点で、出稼ぎを終えて故郷に帰る蔵人もいたわけですから、やっぱり大きな節目だったんでしょう。

今年ならではのタイミングですけど、長生社の桜、人呼んで『長生桜』は、皆造に合わせてちょうど開花宣言です。上の写真は昨日の朝のもので、今日は数輪が咲いてましたから、きっと数日中に満開になるでしょう。今まで出遅れていた分、一気に咲き誇るかもしれません。駒ケ根市内の暖かい場所では、もう満開状態の桜もあるみたいですしね。

これでようやく私も休みが取れるはずなのに、何と言うことか、この週末は大阪に行かなくっちゃなりません(涙)。先日もご案内した『長野の酒メッセin大阪』が17日に開催されますから、それに合わせて大阪営業も少ししなくっちゃなりません。貧乏ヒマ無しとはこのことですが、今年の初外遊ですからあんまり頑張り過ぎないように、徐々にいきましょうかね、徐々にね(笑)。


□□□ 『長生桜』と呼んでいるのは私だけ(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad