専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

新酒祭り

IMG_0036.jpg

イヤー、こんな新酒祭りは初めてでしょう。読者の皆さんのお住まいの地方ではどうなっておられるでしょうか、東京なんかは例年より開花が早かったみたいですが、信州伊那谷ではまだ1輪も咲いてないって言っていいほど桜の開花が遅れています。1週間から10日くらいズレてるらしいんですけどね(汗)。

それだけ気候がまだ寒いってことなんでしょうか。確かに、例年に比べて春の気配的な暖かさを感じる日が少ないような気はします。地球温暖化のはずなのに寒いままだなんておかしいんですが、これも気象の異常の一面なのか、このくらいの変動はあって当たり前なのか、私には判断できないですけどねぇ・・・。

で、毎年、伊那市の春日公園で桜の開花に合わせて開催されている『伊那谷新酒祭り』ですが、今年は4月8日で予定されていて、あまり天気は良くなかったんですけど、順延しても回復も望めないってことだったようで少雨決行となりました。上手い具合に、開催時間中はそれほど雨も降らずに、足元のぬかるみだけ気を付けてればいいってくらいでした。

・・・が、桜が咲いてないわけだ(汗)・・・一輪も咲いてないわけだ(汗汗)・・・つぼみが色付き始めてるとかでもないわけだ(汗汗汗)・・・おまけに雨が降って、天気すらも味方になってくれなかったわけだ(涙)・・・ところがところが、お酒目当ての飲兵衛さん達は、それなりに集まってくれたりしたわけだ(笑)。

参加者は例年の3分の1程度だったらしいんですけど、それなりにお集まりいただいて、何とか大雨にもならず、風も穏やかだったせいでそれほど寒くならずに済んで、花見とは全く別にイベントが単独って形で開催できました(笑)。今回で14年目ってことのようですが、ここまで予想が外れたことは初めてでしたね。

お酒が目当てでお越しいただいた方々は、意外とそんな不幸な境遇(?)を楽しんで、桜に気を取られずにお酒の味見に集中できたのかもしれません。こんなに悪条件でもお越しいただいた皆さんこそ本当のファンなのかもしれませんし、来年用の特別優待券を発行したらどうかと思うくらいの今年の新酒祭りでした(笑)。


□□□ 暖かだったのが不幸中の幸い □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad