専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

鶴チュー

IMG_20170318_224250.jpg

『鶴チュー』という言葉を生んだ元祖とも言える横浜の鶴チューS君。初めのうちは長生社に信濃鶴を買いに来るために駒ケ根まで遊びに来ていたものの、そのうちに毎週遊びに来るようになり、そのベースキャンプ地は当然の様に居酒屋『越百(こすも)』になり、もう何年も駒ケ根通いを続けています。一体どれくらいになるのかなぁ・・・。

ちなみに、『鶴チュー』という言葉を一番初めに生み出したのは仙台のサンセールさんだと思います(笑)。サンセールさん自身が鶴チューになって、仙台でフンガフンガと鼻息荒く鶴を売ってくれたのはもう10年くらい前になるはずですが、その頃から駒ケ根通いをしてるんじゃないかと思いますね。

かつて私にまだ体力があった頃には、冬の造り期間でも夜中の仕事中に蔵を抜け出して越百まで彼と飲むために出掛けたものでしたが、もうこの歳になるととてもそんな余裕はなくて(涙)、冬の間はほとんど会えなくなりました。蔵に顔を出してくれたこともあったみたいですが、私が中で仕事をしていてなかなか顔も見られません。

そんなS君が今晩遊びに来るっていう情報を女房が越百のえっちゃんから聞いて、仕込みが終わって体力回復傾向にある私も久し振りに一緒に飲もうと出かけてきました・・・と言うより、駒ケ根に着いたらその足で我が家まで迎えに来てもらって、連れ去ってもらったって感じですけどね(笑)。

今回の来駒はえっちゃんのパソコンを修理するためっていう目的らしいですが、そんなことは後回しにして、とにかく久し振りの乾杯をしました。前日に出荷を始めたばかりの鶴の大吟醸無濾過生原酒をえっちゃんが強引に飲ませて(笑)、みんなでこれまでとは少し違った鶴の純米大吟醸の味を堪能しました。

・・・っていうことで、今日のブログの一番の主旨は『信濃鶴・純米大吟醸・無濾過生原酒』が発売になったってことです(笑)。自分で毎日ブログを書いてるのに、新商品のリリース等の情報発信をほとんどしてないバカタレですが、たまにはやっておかないとこのブログのレゾンデートルが危ういぞと・・・(汗)。


□□□ そろそろ2位になるかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad