専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

HBBF(2日目)

IMG_20170219_180500.jpg

『HBBF(はと・バス・美酒・フェス)』の2日目は、各メーカーさんの工場見学ってことになってました。もうねぇ、養命酒さんとかマルスウィスキーさんとかの工場に比べると、その大きさも近代化度合いも綺麗さも格段に下回っちゃう長生社の蔵なもんだから、ここは開き直って古さを強調する路線でご案内しましたよ(笑)。

分かってはいたことですが、大勢のお客さんをお迎えするってことはやっぱり大変なことで、仕込み続行中の蔵の中を整頓したり掃除したりするのにかなり時間がかかりましたね。それでも、意外とこんな時期に蔵の大掃除をするなんて状況はなかったですから、きれいさっぱりとした感じになって良かった良かった(笑)。

初日のディナーでは私がお話させてもらいましたが、今日の見学は時間的には麹室等での作業の時間帯だったもんだから、案内の係は女房にやってもらうことになってました。と言っても、見学に試飲に小売販売もあるかもしれない中で、我が社に割り振られたのは1時間もないくらいでしたから、本当に駆け足でのご案内だったんですけどね(汗)。

私も、麹室の中から半分裸のような格好でご挨拶しましたが(汗)、30人以上の方が一度に蔵に入るなんていうことはこれまでなかったくらいですから、私的には満員電車の中にいるような錯覚に陥りましたね(笑)。今後、こんなにたくさんの見学者が一度に2階に上るなんていうことは、もうないかもしれませんねぇ。

女房曰く、どのお客さんもしっかりと話を聞いてくださったみたいで、昨日の私同様に説明し甲斐があったなんて言ってましたね。アルコールが好きだとか興味があるとかいう方達ばかりのはずですからさもありなんなんですけど、お行儀良く回っていただけたようで、誘導係としては大助かりだったみたいです。

とは言え、こんな時期ですし、本当なら蔵見学はお断りしているくらいですから、実際にはかなり制限されたエリアしかご覧いただけませんでした。何か事故があってもいけませんから、かなり慎重に見学ルートを設定させてもらったんですけどね。でも、せっかくの機会ですし、わざわざ駒ケ根までお越しいただいた皆さんに、今できる限りの見学をしていただけたと思います。

女房にこんなことをさせるのは初めての事でしたが、手渡し用の資料を手書きで書いてみたりして、案外楽しんでたかも(笑)。天気も良く、皆さんきっとご無事にお帰りになったことだと思います。東京にお帰りになっても、伊那谷のお酒とビールとワインとウィスキーと養命酒を飲んで下さいねー!!!


□□□ スマホのバッテリ切れで写真がありません(涙) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad