専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

HBBF

IMG_20170218_183246.jpg

『HBBF』とは何か?『はと・バス・美酒・フェス』のことです(笑)。先日記事にしましたけど、信じられないことにあのはとバスさんがツアーを組んで、実際に30人以上の参加者が集まって、本当にその皆さんが本日駒ケ根に来てくださいました。たぶん、今回が最初で最後になるんでしょうけど(?)、記念すべきHBBFであります。

1日目は、ここだけは美酒フェスとは無関係の山梨のワイナリーによって、夕方に駒ケ根到着。その夜が美酒フェスのディナーってことになってました。どうやらとてもスムーズに事が運んで、予定よりは早く駒ケ根入りしたもんだから、皆さん会が始まる前には温泉に入って、準備万端でスタートを迎えられたようです。

いつもの美酒フェスと同じ進行ってことで、私たちメーカーは打ち合わせもほとんどせずに、全く普段通りに始まったって感じでしたね。ただ、いつもだったらほとんど知ったような顔の方々なのが、都会からお越しになった知らない顔ばかりだったってのが、多少の緊張感をスタッフ側に与えていたかもしれません(笑)。

私もちょうど麹の手入れの時間ではありましたが、それはちょっと放っておいて(笑)、時間ギリギリに会場に入って信濃鶴の説明だけさせていただきました。本当なら、その後に皆さんとお話ししたかったんですけど、何せ蔵には仕事が待ってるってことで泣く泣く引き上げてきました。明日は蔵にお越しいただきますから、もう一度お会いすることはできるんですけどね。

10分程度の話でしたが、やっぱりこんなツアーに参加しようっていう気持ちのある方々だけあって、しっかりとこっちの話に耳を傾けていただいて、私も時間を作って説明させてもらった甲斐がありましたね。常連のお客さんが多いと、もう毎年の話になっちゃって、飲んだり食べたりの方が忙しくなっちゃいますからね(笑)。

どんな皆さんが参加されたのか興味があったんですけど、思っていたよりも年齢層は若くて、半分くらいは女性でしたね。美味しい料理と地元のお酒と、そのお酒を造っている工場見学の組み合わせなんて意外に面白いと思ってもらえるのかもしれません。帰りに、玄関先に停車しているはとバスを見ましたが、こんなでっかいバスで明日長生社まで来れるのかチト不安になったりして・・・(汗)。


□□□ 蔵見学のご報告はまた明日 □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad