専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

地籍調査

IMG_20170209_234203.jpg

『地籍調査』ってお聞きになったことあるでしょうか?歴史を紐解けば『太閤検地』が日本で最初の地籍調査だったなんて聞きましたけど、どこからどこまでが誰の土地で、その使用用途は何かってことを調べる、行政レベルでの土地に関する調査ってことでいいでしょうか。今、全国的に行われているんだそうです。

土地ってことは財産ってことでもあって、これまでだってしっかりと定められていたはずなんですけど、文明の利器のGPSのデータなんかも利用して、これからずっと使える詳細なものを作成するんだそうです。大災害時にも自分の所有地がすぐに割り出せるようになってないと、復興に大いに影響するんでしょうね。

駒ケ根市でもそういう調査を本人立ち合いの下に続けていて、私も調査に同行したことがあって、全ての所有者の詳細な区割りをくまなく調べ上げるのがどれくらい大変かある程度分かってましたが、今回一部のエリアについて調査が完了したってことで市役所から連絡がきたんです。

そのエリアは、私の自宅や会社のある場所じゃなくって、かつての古い蔵があった所で、まだ我が家が所有していますから、今回の調査の結果の確認をしに市役所まで行ってこなくっちゃならなかったんです。仕込みが終わった午後の時間に少しだけってつもりで出掛けたんですけど、確認作業はかなり大変で予想外に時間を取りましたね(汗)。

今から100年も前に、『田沢酒店』として『天竜正宗』の銘柄を造っていた場所で、きっと当時の建物があった状態を元に区分けされてるんでしょうけど、一区画の大きな敷地なのに中がエラク細分化されていて、そこへもってきてかつてその敷地内を川が流れていた形跡があって、余計にぐちゃぐちゃになってましたね(汗)。

そこに新たに酒蔵を立てるなんてことには絶対にならないでしょうけど(笑)、万が一そんなことになれば結構厄介らしいです(汗)。ご先祖様たちの歴史ある場所ですから何か有効利用できればいいんですけど、仕込み最中の追いまくられた頭ではそんなことを考える余裕もなくって、慌てて帰ってきたんですけどねぇ・・・。


□□□ 微妙に1位だったりします(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad