専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

修理

IMG_20170203_165256.jpg

ネタがない時には・・・机の周りをぐるっと見回してみる・・・酒造りなんてそう数のある職業じゃないから何か珍しい物もあるはず・・・ネタになりそうな物を探すんだけど、あまり大っぴらにできない話題もあるし(笑)・・・夕方の頭は結構疲れていたりするから、ネタが目に入っていてもネタと認識できない場合もあったりして・・・。

・・・で、見つけたのが写真のデジタル温度計(笑)。本体があって、そこから1メートルくらいのコードが出ていて、その先に温度センサーが付いてるっていう構造になってます。いろんな使い方もできるでしょうけど、これは麹の温度を測るためってことで発売されているタイプです。長生社にはいくつかあるんですけどね。

こいつが先日麹室の中で落としたら表示がおかしくなっちゃって、壊れたってことで修理に出すために包装しかけているところです。デジタル温度計は思ったよりも誤差が大きくて、どのくらいバイアスがあるのか分かった上で使うようにしないと意外と大きく違ってたりするんですが、今回はそんなもんじゃなくって全然表示が狂っちゃったんですけどね(汗)。

蔵の中にはたくさん温度計がありますけど、今やアナログとデジタルじゃ、デジタルの方が多いんじゃないかと思うくらいになってますね。ホームセンターなんかにも当たり前のようにデジタル表示の物が売ってたりしますが、これはそんな安物じゃなくって(笑)、かなりのお値段がする専門品です。

とは言え、1万円台で買えるんじゃなかったかな?その値段にしては正確だっていう謳い文句でしたが、まぁまぁ安心して使えるレベルなんじゃないかと思います。本当に昔に買った初期の頃のデジタル温度計もまだあるんですけど、それは8万円とかしたんだそうな(汗)。デッカイ箱型ですが、精度は今のやつよりいいんだそうで、いざという時には使ってたりします。

心配なのは、修理費がいくらになるかってことです。こういう物って、案外直すよりも新しいのを買った方が安くついたりしますからね(汗)。見積もった時点で連絡が入るでしょうけど、もし新品買うより高いなんてことになったらどーしましょうか…そういうのに限って、中の基盤が丸ごと交換されてるだけだったりして(笑)。


□□□ 飲み助さんがえらく下まで行っちゃいました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad