専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

階段

IMG_20170131_233416.jpg

ナント、もう2月じゃないですか・・・ついこの間、「あけましておめでとうございます!」なんて言ってたのに、もうひと月経っちゃいました。私の場合、途中で吟醸週間が入りましたからその間は意識が飛んでいるとは言え、何とも月日の経つのは早いもので、光陰矢の如しを地で行く自分がいと哀れ(汗)。

仕込みの方はまだまだ続きますけど、オジサンなりに疲れが溜まってきたのか、麹室に行こうと蔵の階段を上るのに時間がかかるようになってきた気がします(笑)。ヨイショヨイショと上るわけじゃありませんが、気持ちの中で一気に登り切れなくなっているような、腿のあたりに乳酸が溜まるのが早いような・・・(汗)。

この階段は毎日お米を担いで上りますが、二人一組で布に蒸米をくるんで持つんですけど、もう若い連中と同じスピードで駆け上がれないもんね(涙)。まだまだ仕事じゃ負けないなんて思ってみても、もう体力的には完全に負けてるんでしょう。私とペアになる時には、きっと彼らは手加減してくれてるんだと思います(笑)。

もう100年も前の建物ですから、人間に優しくなんていう概念で作られているわけじゃなくって(笑)、質実剛健というか大雑把というか、この階段だって段差が今のものの倍くらいあるかもしれません。足をしっかり上げないと、とても重い物を持って素早く駆け上がるなんていうことはできません。

両足を早く回転させればいいんだけど、数回転後には足が追い付かなくなって、それに足の持ち上げも間に合わなくなって、確実に転ぶでしょうな(汗)。ま、そういう仕事からは早く手を引くことも考えつつ、それでも一日一往復くらいは若手と一緒に駆け上がって、自分の健在ぶりを確認したいんでしょう(笑)。


□□□ この階段好きなんだけどね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad