FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸週間10

さぁ、これにて吟醸週間は終了となりました。仕込み自体は1週間で終わるんですけど、その前に麹を造り始めたりしますから、総計で10日間くらいが吟醸仕込みにかかりっきりになるわけで、私ばかりじゃなくって蔵の中で働いてくれるみんなにも激務の10日間だったはずです。ご苦労様でした。

私のお酒造りの大部分は、前任の越後杜氏から教わったもので、そういう意味では鶴の味は越後流を汲んでいると言っていいでしょう。そして、その杜氏が命をかけて吟醸を仕込んでいく様子を一緒に蔵に寝泊まりしながら見てきました。雇われの身なんだからそこまでしなくてもいいじゃないかと、専務の私が思うくらいの献身ぶりでしたね。

徹底して麹には寄り添っていて、今の私が麹から少しでも手を抜くことようなことができないのは、その越後杜氏の影響でしょう。まぁ、吟醸の麹造りで手を抜くような杜氏さんはどこにもおられないはずですから、それを受け継いだっていうのは言い過ぎかもしれませんが、実際に命をかけている姿を目の当たりにしたか否かでは、私の身体に沁み込んだものの重さが違っていたはずです。

その精神を元に、今年はこれまでとはかなり違った挑戦をしてみました。これが吉と出るか凶と出るかはお酒の仕上りが教えてくれるはずですが、私が考えていたよりもはるかに負担が重くなる部分が大きくて、正直言ってこんなにヘロヘロになるなんて思ってもみませんでしたね(汗)。やっぱ、お酒造りを甘く見ちゃイカンって、神様からの大いなる啓示だったんでしょう(笑)。

昨日は麹の面倒は見なくて良かったので普通に杜氏部屋で寝ましたが、1週間ぶりの布団は寝心地が良かったですねぇ(笑)。減りまくった体重を元に戻して、まだしばらく通常のお酒造りが続きます。今一番困っているのは、ここまで写真無しの記事に慣れちゃったブログ生活もまた、元通りにしていかなくっちゃならないってことなんですけどねぇ・・・。


□□□ 写真の撮り方忘れました(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト