FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸週間9

そろそろ吟醸週間も大団円を迎えます。大きな問題もなく、気象にも恵まれて、仕込み自体は成功したと言っていいでしょう。ま、成功とか失敗の基準なんて個人的な基準でしかありませんけど、別の言い方をすれば、まずまず納得できる仕事ができたんじゃないかと今の段階では思えてますね。

私自身とすれば、ここまで攻めた造りをしたのも珍しいってくらいに、積極的な挑戦をした吟醸造りでした。挑戦をしたっていうよりも、挑戦させられたっていう裏話も無きにしも非ずですが(汗)、特に麹造りに関しては大変な苦労をする羽目になった反面、得るものも大きくて、実りの多い吟醸週間でした。

信濃鶴の純米大吟醸については、最高峰のお酒を造りたいっていう感度よりは、一般の純米酒に応用できる技術への挑戦と修得が目的で、その中には伝統的な部分と新時代への対応っていう側面がありますが、いずれにしてもこの時しかできない大いなるチャンスの場ですから、多少命を削ってもやれるだけのことはやってみたいと思ってます。

別の視点で言えば、そんな挑戦ができる状況を作り出せるお酒造りっていう職業に身を置けていることはとても幸せなことでしょう。この歳になって挑戦っていうキーワードを自分の中に持ち続けるってことは、なかなかできることじゃないかもしれません。ま、来年も同じ苦労ができるかっていうと・・・正直、考えたくもありませんけど(笑)。


□□□ 若い時の苦労は買ってでもするべし □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト