FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

同級会



割と定期的に飲み会をしている、中学校時代の同級生連中がいます。定期的なんていうとそれなりに聞こえますけど、それはメンバーの中のひとり、N君がいつも幹事役になってみんなと連絡を取り合ってくれるからっていう絶対的な条件が満たされているからであって、彼無しではとうていこのミニマムサイズの同級会は成立しないでしょう(汗)。

今回は、たまにはっていうことで、いつもは声をかけられない同級生たちを集めて、当時の担任の先生も呼んでちょっと大きめにやってみようっていう発案の下、結局、幹事役はN君に押しつけて、いつもよりリキの入った同級会と相成りました(笑)。とは言え、10人ちょっとの参加者でしたから、同級会とも何ともないんですけどね。

担任の先生は諸事情で来られなかったんですけど、懐かしく思われる顔も集まって楽しい飲み会になりましたね。どんな同級会でもそうでしょうが、多少顔は老けて、頭も薄くなり、体型がゆるんだとしても、気持は全くあの時のままで話ができる仲間っていうのは、貴重ですよねぇ。何にも気がねが要らないだもんね。

当時の中学校のクラスが、私とすれば、小中高校を通じて一番っていうくらい思い出深い、楽しいクラスだったんです。だからこそこんな関係が続いているんでしょうね。私は、学校生活に嫌な思い出なんてほとんどなくて、いつでも楽しかったような記憶しかないんですけど(笑)、その中でもことに記憶に鮮明な仲間たちでしたね。

駒ケ根市なんて田舎ですから、今回顔を出せなかったかつての同級生たちの動向もかなりの確率でハッキリとしています。彼が彼女が、今、どこで、どんな仕事をしているのかっていうことは、ほとんど誰かが知っていますね。高校になると、通学範囲がかなり広くなりますから、そういうわけにもいかないかもしれませんね。そこが地元の良さってことでしょう。

そんな話にも花を咲かせながら、お店の他のお客さんにめーわくだろーよっていうくらいに大騒ぎをして時間は過ぎて、そのお店の飲み放題コースの時間は終了となりました。当然のように、二次会のカラオケへ突入してワイワイ過ごしましたが、みんな結局は中学校時代と芸風は変わってなくて(笑)、何とも気持のいいひと時でした。

「また今度ねー!」なんて話して別れましたが、また今度がいつのことになるのやら分かったもんじゃありません(汗)。それでも、全員この辺に住んでいる連中ですから、いつでも会えるでしょう。どこかで買い物をしている時にバッタリなんていうことだって、ないわけじゃありませんしね。

みんなの反応お構い無しに熱唱していた彼も、あの頃の懐かしい歌を披露してくれた彼女も、30年前にはこんな再開を想像してたわけじゃないんだけど、ここに一緒に暮らしているっていう空気感は、何物にも代えがたいものだと思いましたね。何年か後には、またN君もやる気になってくれるでしょうから、その時にはまた幹事を丸投げして楽しませてもらいましょう(笑)。


□□□ 1位になってました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト