FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ニコ動越百

2011032000130000.jpg

最近、越百に行っても、まともに飲めたためしがありません(涙)。いやいや、ちゃんとお酒は出してくれるし、つまみだって用意してくれます。先日も、常連メンバーで昼からお好み焼きを作っていて、そこにも呼んでもらって、とっても美味しい広島風お好み焼きをたっぷりと食べさせてもらいましたしね。

しかししかししかし、そういった諸々のことは全て私を釣るためのエサであって、えっちゃんを始めとした関係者の意図は、私にある仕事をさせようという目論見にあるんです。私としても、世の中で一番世話になっている居酒屋からの要請となれば、喜んで一肌脱ぐつもりはあるんですが、なにせ不慣れな分野なもんで、毎度四苦八苦なんですよ(汗)。

その仕事とは、『ニコニコ動画の生放送を越百のパソコンからできるようにする』こと(笑)。えっちゃんたちを完全にその気にさせちゃったのは、このブログでも記事にした通り、横浜の鶴チューS君でした。彼が始めたインターネットを使ったリアルタイム動画配信の楽しさに、みんなしてハマっちゃったと言えばいいでしょうかね。

えっちゃんは、そのためにパソコンをはじめとした必要機材一式を買っちゃって、やる気満々なんですけど、生放送をするための、当然かなり複雑になるであろうソフト等の設定は「岳ちゃんの仕事だから!」っていうことに、知らないうちになっておりました(汗)。無意識のうちに仲間を扇動する彼女の能力は、企業経営にでも生かせばいいかもしれません(笑)。

パソコンには少しは詳しい方かもしれませんが、このテのことには全く疎い私は、当然、先駆者である鶴チューS君に教えを請うわけです(汗)。ところが、ある程度のレベルのことをしようとすると、いくつものソフトを絡み合わせて画像や音声の処理をさせなくっちゃならなくて、かつ、その各々が非常に細かい設定を要求するもんだから、私とすればパニパニ状態になっちゃうんですよね(涙)。こういう場合、私は『論よりRUN』の精神で難題に取り組むことにしています。

『論よりRUN』・・・すなわち、いろいろと理屈をこねてるよりも、とりあえずはやってみろっていう意味なんですけどね。私が大学時代に入っていたサークルが、バリバリもバリバリのパソコンオタクの巣窟でした。当時羽振りを効かせていたBASICっていうプログラム言語の最終実行命令が『RUN』っていうコマンドだったもんだから、開発しているプログラムがうまく動くかどうかは、頭で考えるんじゃなくって、とりあえず何でもかんでも実行してみろっていう、先輩からの教えだったんです。

結果に至る道筋がよく見えなくても、とりあえずやってみて、できればOKだし、できなきゃどこかに問題があるっていう判断で対策をとって一歩前進する・・・そんなに簡単には割り切れないでしょうけど、大津波に襲われた原発の事後処理の現場は、後手後手に回った対策は非難されるとしても、そんな手探りの方策しか取りようがないんじゃないですかね。

この技術大国日本が、人知の粋を尽くして造り上げた最先端技術の塊である原子炉に、こともあろうに単純なホースで水をかけてんですよ。それも、最初に用意した放水車じゃ、原子炉建屋内まで届きもしなかった・・・そんなの、見ようによっては4コマ漫画のオチにもならないっていう世界じゃないですか。

でも、それでいいと思うんです。1000トンのプールに1リッターの水が入ったって意味はある。笑うんなら笑ってみろじゃないですか。鍛え抜かれたハイパーレスキューの隊員が、家族に心配をかけたと言葉を詰まらせるほど命がけの現場を誰が笑えるでしょうか。「日本の救世主になってください」とこれから現場に向かう亭主にメールをした奥さんの天晴れを、賛美こそすれけなす人はいないでしょう。様々な方面からの思惑なんか脇に置いて、日本の英雄が活躍する現場に、無条件の声援を送りたいです。


□□□ まだまだ2位! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト