FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

だいじょーぶよー!!!

ちっともだいじょーぶよー!!!と言えないのが、福島原発の行方じゃないですかね。今や、地震やその後の津波の経過報告より、何号機が爆発しただの、放射線漏れがどのくらいだのっていう、これから更に状況が悪くなる一方のようにしか思えない実況報告ばかりが目に入ってくる気がするのは私だけでしょうか。

泣きっ面に蜂とは、正にこのこと。電力会社側の説明も要を得ないし、どんどんと具合の悪い原発の数は増えていくし、放射線の単位が上がるほど漏れている量は増えてきているみたいだし、何よりも原因がよく分からないっていうのが怖いじゃないですか。津波は駒ヶ根まで到達はしませんが、放射性物質は風に乗って飛んでくるでしょう。そんなことにならないように、現場の人たちに踏ん張ってもらいたいものです。

今日も、何となく『だいじょーぶ○ー!!!』シリーズで書き始めちゃいましたけど、まだまだいろんな報告が入ってくるので、気分的には書かざるを得ないっていう感じなんですよね。今のところそんなに気が滅入る話はないので、読者の皆さん方には、スイマセンけどお付き合いをお願いしますね(汗)。

今回の地震の名称は、『東北・関東大震災』です。何が言いたいかっていうと、『関東』も入っているっていうことです。ZENさんがコメントで言っていたように、今回案外私たちの頭の中から抜け落ちているのは、大きく被災した関東地域についてじゃないでしょうかね。ハッキリ言って、それはたったひとつ、茨城県っていうことになると思うんですけどね。

今日、電話をいただいたのは水戸市のK酒店さん。こちらからの電話はなかなか通じなかったんですけど、私が送ったメールを見てくれたのか、あちらから電話をかけてきてくれました。命の危険はないだろうとは思っていましたが、お店の被災状況なんかがとても気になっていたんですよね。

話をお聞きすると、やっぱ凄かったんじゃないですか、水戸あたりだって。震度6強だったっていうんだから、大地震って言っていいでしょうね。もう、お店に並べてあった商品はほとんど壊滅状態で、津波は来ないまでも、お酒で床上浸水並みだったみたいです。倉庫の中もひどい状態で、在庫は半分以上無くなっちゃったとか。でも、住宅店舗は鉄骨でビクともしなかったようですし、皆さんご無事で何よりでした。

生活環境はまだまだ大変らしくて、14日にようやく電気と水が通ってひと落ち着きできたようですが、店の前の大通りはひびが入っているし、ガソリンはほとんど手に入らないしで、外へは出られないようです。原発の放射能のことを考えれば、あまり出歩かない方がいいなんておっしゃってましたけど、あながち笑い話じゃないところが怖いです。

今日、もうひとり声が聞けたのが、このブログにもコメントをくれるすぱいS君です。詳しくは書けませんが、彼はお酒関係の仕事で宮城に出張している時に被災して、それ以来どこへも脱出できなくて缶詰めになっているようです。それなりに安全な場所だったために、地震も津波も被害はなかったようですが、電気も水もない中でサバイバルしているみたいですね。今回の体験談は、次回あった時にでもしっかり聞きたいと思います。

自称、戦場ワインアドバイザーの仙台のサンセールさんは、今朝の7時から2時間並んで給水を受け、スーパーの大行列に3時間並んで買い物をするような、戦場さながらの生活をしているみたいです。まぁ、海岸沿い地域ほどの悲惨な避難生活じゃないようですから、それなりに楽しんでいるかもしれません。やることがなくてヒマなら、震災実況ブログでも始めればどうですかねぇ・・・。


□□□ 原発は本当に心配だなぁ・・・ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト