FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸上槽(おまけ)

2011022816130000.jpg

おぉ!気が付けば、もう3月じゃぁないですか!この歳になってどんどんと月日が経つのが早く感じられるようになってきましたが、吟醸の上槽でアタフタしているうちに、知らない間に2月は通り過ぎちゃいましたね(汗)。考えてみると、仕込みもあと2週間ほどで終了でっせぇ。それはそれでいいことなんですけど・・・(笑)。

昨日まで『吟醸上槽』シリーズを続けてきましたが、ここで出てきた酒粕、つまり吟醸粕の行く末を気にしていらっしゃる読者の何人かの方からコメントをいただいたんです。ちょっと今日は、上の写真にも大写しにしてみたこの特別な酒粕の、長生社の場合の取り扱いについてご説明申しあげましょう。

吟醸粕ってねぇ、厄介なんですよね、実は(汗)。どーゆーことかって言うと、これはたぶん他のお蔵さんでも同様の傾向があるんだと思いますが、どんどんと柔らかくなってっちゃうんですよ。他の酒粕と同じ条件で保存しておくと、夏までにドロドロ状態になって、ちょっと酒粕って言うには液体液体し過ぎたような感じになっちゃうんです。

ただ、最近スーパーに売っている大手メーカーさんの酒粕を触ってみると、かなり柔らかい物もありますから、使用目的によっては、別に柔らかくても一向に構わないっていうお客さんもおられるでしょうね。魚や野菜を漬け込んだりするんなら、かえってその方が利便性は高いとも言えるでしょうし。

でも、駒ケ根じゃぁ、あまり柔らかい粕は歓迎されません(涙)。これは、奈良漬の瓜を何回も漬けるうちに柔らかくなり過ぎちゃうとか、酒粕に焼酎や砂糖を混ぜてお使いになるご家庭もあって、そういう使い方をするためには元の粕が硬くないと扱いづらいとかいう理由からのようです。

っていうことで、この田舎町にあっては、いくら吟醸だ何だと言ったって、柔らかい粕にはあまり商品価値がないんです(涙)。そんな理由で、過去には吟醸粕だけでまとめて取ってあったものを大量に廃棄したような経緯もあって、今現在は他の粕の中に少しずつ混ぜ込むことで、もったいない事のないようにしているのが実情なんです。

ところが、吟醸粕を売ってみたいと声をかけてくれる酒販店さんも、ここのところ何軒かおられて、ちょっと前向きに考えないでもありません。ですから、個人向けの少量での対応はできかねるんですけど、10キロ単位でのご注文は承ります。ただし、このブログでしかアナウンスしませんし、この吟醸粕が単品で残っている間に限ります。早くしないと、他の粕と混ぜちゃいますから、よろしくご検討くださいね。

蛇足ですが、なんで純米大吟の酒粕が特に柔らかくなるのか考えてみると、酒粕の中にまだまだ溶け切っていないお米の成分が他のタイプのお酒よりたくさん残っているために、粕として分離された後もお米の溶解が進んだり、残存している酵母菌がそれによって更に発酵したりするからだと思ってるんですけど・・・もし間違っていたらご指摘ください(汗)。

そんな理由から考えてみても、吟醸粕ってお味的にはとっても美味しいですよ。まだまだ米の旨味もたくさん残ってますし、雑味がなくって、香りのいい、洗練された酒粕っていう感じです。まぁ、信濃鶴はどの酒粕でも同じように美味しいですから、そんなこと気にしないでお食べいただいても全く問題ありませんけどね(笑)。


□□□ 珍しく宣伝ブログになりました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト