FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

後継機(つづき)

2010120119300000.jpg

ずーっと考えてたことがあるんです。こうしてみたらいいんじゃないかって。自分のパソコン生活についてね。いいアイディアだと思うんだけど、あまりやっている人を見たことはなくって、やっぱりいろいろと問題があるのかなぁと躊躇していました。誰でもそんなことくらい考えるだろうほど単純な運用方法なんですけどね。

ひとつだけ私のパソコン利用で、他の人と違うかもしれないと思う点は、ディスプレーの大きさについてです。かなり大きめのシートを表示しなくっちゃならない場面があるので、ちょっと大きめのディスプレーじゃないと、ひとつの画面内に全体が収まり切らないんですよね。そこだけにはこだわりというか譲れない点があるんです。

とても頻繁に使う表なので、いちいち縦横にスクロールするのは面倒臭いし、縮小してひとつの画面に収めようとすると、ある部分のセルが小さくなり過ぎちゃって中の文字が潰れて読めなくなっちゃうんです(汗)。ですから、パソコン本体の性能は低くてもいいんですけど、ディスプレーだけは大きなものを使ってるんです。

そんな私が常々思っているのは、もうパソコンの性能はこれ以上いらないんだから、もっと躯体の小さなものでも間に合うんじゃないか。机の上を占拠するのは大型ディスプレーだけでたくさんで、文字通りディスクトップ型のパソコンがデーンと乗っかっているのは邪魔だし、スマートじゃないんじゃないかっていうことなんですよね。

そして、以前から考えていたのは、ディスクトップ型より多少性能は落ちるかもしれないけど、ノート型パソコンをまるでディスクトップ型と同じように使うことができれば、これは究極の省スペースになるんじゃないかっていうことだったんです。つまり、ノートパソコンにキーボードとマウスが付いていて、電源スイッチを押したら机の上の大型ディスプレーにウィンドウズが立ち上がるっていうようなイメージです。

ノートパソコンについているディスプレーは使わないのかって言われるかもしれませんが、通常は使わないでもいいんです。ですから、あってもなくても構わないっていうことです(笑)。でも、どこかへ持ち出す時にはノートパソコンごと持っていけるし、その時にはついているディスプレーが役に立つことになるはずです。

もっと、今風の使い方をするとすれば、ノートパソコンについているディスプレーと、私が愛用している大型ディスプレーのデュアル画面で使うこともできるはずです。しかし、私の意図はそこにはないので、そういう使い方はしないつもりですが、やってみて具合が良ければそうなるかもしれません(笑)。

っていうことで、今回私が後継機として選んだのはノートパソコンだったんです。かつて私がとても気に入って使い倒した機種があって、それと同じ系列のやつにしてみました。パソコン自体にほとんど興味が無くなってきた昨今の私としては、その利用法に面白さを求めるようになってきているのかもしれません(笑)。さてさて、どんな使い勝手になるのか、しばらくしたらまたご報告しますね。


□□□ うまくいくかなぁ・・・ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト