FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

お祭り三昧

2010082509170000.jpg

ネタがない・・・って言うより、お祭りの準備が忙し過ぎる・・・(涙)。日中は会社の仕事をこれまで通りにやっていて、それ以外の時間がお祭りに取られているだけのはずなのに、なぜか一日中追いまくられているような気分になっちゃうのはなぜ?毎晩7時から11時過ぎまで打ち合わせをしたり、飲んだりしてりゃそうもなるかなぁ・・・。

と書き始めたものの、これと言ってお祭りネタがあるわけでもないんです(笑)。頭の中の占有率が高いっていうだけで、やっていることは地道な作業なんですよね(汗)。私の役割はお祭り当日の進行に係わる部門ですから、行列の編成や、進行のタイムスケジュールや、他部門との調整なんかをひとつひとつ潰していくような仕事が多いんです。

祭典委員会と呼ばれる中心組織があって、お祭りの実行部隊はその中の青年団っていう若手たちになるもんだから、その辺の橋渡し役でもありますね。いつの時代でも同じですが、頭の固い年配者と、ちょっと暴走気味になる若者の狭間で対応に苦慮する場面も多々あります(笑)。そういうぶつかり合いも、お祭りの醍醐味ではあるんですけどね。

5年に1度の回り番でお祭りを仕切るんです。氏子の地区が、大きく5地区に分かれているっていうことです。皆さんもよくご存知の諏訪の御柱祭りは、7年に1度しか開催されないことで有名ですが、気分的にはそれと一緒で、5年に1回しかないお祭りなもんだから、みんなそれなりに力が入るんですよね。だから、ケンカもおきると(笑)。

私のメイン業務であるお練り行列の進行計画なんて、その通りになんかいくわけないのに、10メートル単位、10分単位のスケジュールを組むんです。私たちの地区の氏子はとても多いもんだから、行列の長さだって相当なものです。整列して300メートル、歩いて400メートルってところかな。それを時間通りに動かすのは至難の業なんですよ。

でも、そこまで綿密に計画を立てておくことで、当日のいろんなハプニングに対応することができるようになるんですよね。獅子舞、面、笛、太鼓が1ヶ月間休まず練習してきた成果を、しっかりと沿道の人たちに見てもらえるように最善を尽くしておくことは、決して無駄じゃないんです。やるだけやっといて、あとは当日慌てりゃいいんです(笑)。

考えてみると、前回のお祭りの時には、このブログはまだ存在してなかったんですねぇ。このブログは始めてからそろそろ4年経つくらいなので、私が回り番に当った年の記事っていうのはこれまでなかったんだよなぁ。ブログ生活も、もう完全に身についちゃってますから、同じように体にしみ込んでいるお祭りのことも、もう何回もブログに書いているような感覚でいました(笑)。

・・・今、気が付きましたよ!!!だ・か・ら・こんなに忙しい気がするんだー!!!これまではブログのない生活の中でのお祭りだったのに、今回はブログライフにドップリと浸かりながらのお祭りになってるんじゃん!!!連日の二日酔いでも朝ギリギリまで寝ているなんてわけにゃいかないし、どおりでこれまでより慌ただしいんだぁ・・・って、まぁ、それほどの大発見でもないか・・・(笑)。


□□□ あとひと月はお祭りのご祝儀クリックってぇことで □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト