FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

絶好調てっぺん

20091024180333.jpg

『絶好調てっぺん』さんと、『炙縁(あぶりえん)』さんという居酒屋の名前は、このブログにも何回か登場してますよね。信濃鶴もお世話になっている、東京のイケイケ居酒屋さんです。どちらのお店もうかがわせていただきましたけど、入店するなり店員さんの元気はつらつのパワーに圧倒されるような楽しいお店なんですよ。

会社組織とすると、『株式会社絶好調』っていうのが親会社で、そこがいくつかの店舗を経営しているっていう形みたいです。私が少し誤解していたのは、もうひとつ同じような名前で『有限会社てっぺん』っていう会社もあって、そこの社長さんが先日宮田にもお越しになった大嶋さんという方で、株式会社絶好調は有限会社てっぺんから独立された吉田さんっていう方が社長さんらしいです(汗)。

まぁ、頭のこんがらかりそうなことはさておいて、とにかくこの絶好調さんと信濃鶴は数奇な運命で出会ってしまったわけです(笑)。始まりは、なんと仙台の錦本店さんで、仙台出身のともやんが働いているっていうんで、炙縁さんにサンセールさんと飲みに行ってみたら、そこの店長さんは何と駒ケ根出身で、その時すでに鶴は炙縁さんで使っていただいていたんですよね。

その後、更に皆さんに信濃鶴は可愛がっていただいて、現在お店には、絶好調てっぺんさん専用のレッテルを張った鶴が置いてあるという未確認情報もあります(笑)。とにかく、ともやんがすごく肩入れして、強力にプッシュしてくれているみたいで、感謝感謝です・・・えーっと、今日のお話は、実はこれからなんですが・・・(汗)。

その絶好調の皆さんが、先日蔵に遊びに来てくれました。一番の目的は、炙縁の店長のTさんの駒ケ根の実家に遊びに来るっていうことだったらしいんですけど、ついでに長生社の蔵にも寄っていただきました。時間通りにやってきたのは、お店でも発揮されている元気の良さをみなぎらせた3人の若者たちでした。

こういう若い皆さんと話をしていると、自分がいかにおじさんになってしまったかを実感するんですが(涙)、夢を見続ける姿勢だけは同じつもりで、信濃鶴についてのお話をして、蔵の中を見ていただきました。お店で使っているお酒の素性を知ることは、とても勉強になるでしょうし、お客さんに勧める時の言葉にも力が入るでしょうね。

炙縁さんには、しゅせんの黄身ちゃんたち駒ケ根軍団が、お揃いの鶴Tを着て奇襲したことがあって、その話題でかなり盛り上がりました(笑)。皆さん、地元のファンにオリジナルのTシャツなんかを作ってもらっている信濃鶴のことを、とても羨ましがってくれましたよ。特に、駒ケ根出身のTさんには、地元にもこんな酒があったのかと再認識してもらえたかもしれません。

彼らと話をしていて気が付くのは、「僕は、何年の何月に故郷へ帰って独立します」って、ハッキリとした計画を持っていることなんです。Tさんも遠くない未来に駒ケ根に帰って来て、ご両親の経営しておられる焼き鳥の名店を継ぐ予定だそうです。それは、しっかりと教育された会社の経営方針に沿った人生設計なのかもしれませんね。もうひとつ気が付いたことは、どうしてみんなで色違いの同じ腕時計をしてるのかっていう、素朴な疑問なんですが・・・(笑)。


□□□ 懲りずにクリックしていただいて、ありがとうございます! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト