FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

打ち上げ

20091009184308.jpg

飲兵衛同士はお互いに引き付け合うって先日のブログに書きましたが、今回の出張ではそのことをよーく実感したんです。どんなに遠く離れていても、自然に集まるべき場所に寄って来て、ふと後ろを振り返るとそこにいたりするんですよねぇ・・・うーん、今日もまた酒飲みの体のいい言い訳の匂いが、プンプンとし始めましたね(笑)。

お互いに引き付け合って東京にやって来た私の相方は・・・何と、サンセールさんでした(笑)。仙台の友人がたまたま東京に出て来る日に、私もこれまた東京にいるんだから、これはもう偶然なんかじゃなくって、神様のお導き以外の何ものでもありません。神様はおっしゃっておられるわけです「一緒にお飲みなさい」・・・とね(笑)。

サンセールさんは当然私に会いに来たんじゃなくって、ワインの試飲会のために東京まで出て来たんだそうです。仙台でブイブイ言わせてワインを売りまくっている錦本店のことですから、きっとその手のお誘いはたくさんあるんでしょうね。ただ、それに出席できるかどうかは、彼のボスにあたる社長さんにお許しをもらえるかどうかにかかっているんでしょうけどね(笑)。

サンセールさんは試飲会が終わった後は、八丁堀っていうところにあるワインの立ち飲み居酒屋の視察(?)をしているっていうんで、私も鑑評会の審査が終わった後に合流しました。3日間もずーっと、昼は利き酒をして夜は飲み続けていて、舌の細胞なんかボロボロだと思うんですけど、せっかくですから、私もワインの立ち飲みを初体験してきましたよ(笑)。

そのお店に行くと、サンセールご一行様はいい酔い加減で飲んでいました。彼のブログによく登場して、つい先日は八兵衛のトーコ姉貴に「あんたエロいなぁー」と絶賛された(?)ワインのインポーター、男・秋元さんと、サンセールさんの親友で横浜在住のSさんが一緒です。私もすぐに打ち解けさせてもらって、初めてワインを立って飲んできました。

日本酒の立ち飲みだってあまり経験ないのに、狭い店内一杯のお客さんでごった返すそのお店は、とても新鮮で面白かったですよ。こりゃ、サンセールさんが偵察に行くだけの価値がありそうです。きっと、値段的にも高いことはないんでしょう。会社帰りのサラリーマンで満杯状態でした。私も、またひとついい経験を積むことができましたね(笑)。

男・秋元はとてもいい男でしたし、Sさんはあるものを作る職人さんでした。サンセールさんが言うところによると、Sさんは鶴チュー第1号と言ってもいいくらい生粋の信濃鶴ファンだそうです。それを感謝すると共に、お互いの職人魂を語り合うこともできて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ちょっとヤバかったのが、帰りのバスの時間です。八丁堀って案外アクセスが悪くて、行くまでに思いの外時間がかかっちゃったんです。「これじゃほとんど飲めん!」っていうことで、バスを1本遅らせて時間を作りました(笑)。遅い時間にバス停まで迎えに来てくれる女房には、「乗り遅れちゃってさぁ」って言い訳を・・・(汗)。


■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

スポンサーサイト