FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

秋田紀行(つづきのつづき)



本当だったら、今回見学させて頂いたお蔵さんについての詳しいレポートを書きたいところなんですけど、ネットには具体的な事は書かないで欲しいっていうご要望が、やっぱりいくつかのお蔵さんから出されましたから、まぁ程々の内容でご報告させてもらって、読者の皆さんにはご勘弁願いましょう(汗)。イケてるお蔵さんは、いろいろと心配しなくっちゃならない事が多いんですよね。

秋田県の酒造メーカーって聞くと、どこも大きくて、一般的な普通酒をたくさん造っているっていう印象を個人的には長い間持ってたんですけど、日本酒需要の長期低迷を背景に、大衆酒で生き残れるのは超大手さんのみになって、東北のビッグメーカーだと思っていたお蔵さん達も、とても個性的な美味しいお酒を手間をかけてお造りになっているんですよね。

東京の酒販店さんの棚にも、売れ筋のお酒として並べられているのをよく目にしますし、実際に口にする機会も多くて、その実力はよく分かってましたから、今回の研修旅行はその辺の秘密を見られるんじゃないかととても期待してたんです。ま、実際には、私達との格の違いを見せつけられて、コテンパンに打ちのめされたって気分ですけどね(涙)。

元気のあるお蔵さんを見学するんですから、当然勢いがあるハズではあるんですけど、その熱意といい技術力といい設備といい、並々ならぬものを感じさせてもらいましたね。やっぱり、元々が大きなお蔵さんだけあって、お酒造りに関しては長野県より一枚上手って感じでした。技術的な面から見ても、やるべき事をしっかりと実践しておられましたね。

他にも、若手の蔵元杜氏のグループを結成して、独自の活動をしたり製品を売り出したりなんかして、メディアにも露出度が高い活動をなさっておられます。そういう活動も、単に話題作りってだけじゃなくって、しっかりとしたコンセプトと実行力があってのことだったんだってのもよく分かりましたし、実際に騒がれるだけの中身があるってことも理解できましたね。

中には、今の日本酒業界の風雲児的なお蔵さんもいて、そのお蔵さんではとても刺激的なお話が聞けたんですけど、誰もマネできないようなことを実行に移すような蔵元はブレない芯があってカッコ良かったですねぇ。ご挨拶させてもらった時に、「あぁ、信濃鶴さんですか!」と名前を知って頂いていたのは、私としては実に光栄なことでしたよ(笑)。


□□□ 写真はお昼に食べた稲庭うどん □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

秋田紀行(つづき)



なぜに、秋田なんていう信州から遠く離れた所にやって来たのか?お察しの読者もおられるでしょう。実は、そこにはそれほど重要な意味があるわけじゃなくって、単に研修旅行ってだけの話なんですよ(笑)。信濃鶴を売り込みに来たなんていう勇ましい報告だったら良かったんですけど、秋田の酒販店さんからお声掛けを頂いたことは、これま一度もありません(涙)。

種明かしをすれば、長野県酒造組合の青年部である『若葉会』の研修旅行の行き先が、今年は秋田県の蔵元さんだったってことなんです。毎年1回、酒造りの片付いたこの時期に行っている研修旅行ですが、私も最近は日程が合わないこともあって、参加したりしなかったりなんですけど、今年はどうしても訪れてみたい蔵元さんもいて、参加することにしたんですよね。

昨日も書いたように、会社じゃ忙しい仕事もありましたし、私自身もいろいろ飛び回らなくっちゃならない最中で、今回の日程が決まった時点では今年も不参加かとも思ったんですけど、長野県酒造組合の肩書きで行くから見せてくれるんであって、個人的な見学なんてできないお蔵さんの方が多いんですから、特に今回は目的のお蔵さんがあったからこそ無理をしたんですけどね。

行くと決めたはいいんだけど、旅程が実に厳しくて心が折れそうになりましたね(涙)。そもそも駒ヶ根から秋田まで行くだけだって大変なことですが、行程表を見たら、朝の7時チョイ過ぎに長野市から新幹線に乗るってことになってました。それに間に合わせようとすると、とんでもなく朝早くに駒ヶ根を出発しなくっちゃならないんですよね(汗)。

前日のうちに東京に出て前泊して、大宮から合流するっていう方法もありましたが、そんなことしている余裕もなくって、やっぱり当日の朝4時頃家を出て、自動車で長野まで行くルートにしました。まぁ、そんな時間に中央道を走っているのはほんの少しのトラックだけでしたから、眠いながらも気持ちよく運転はできましたけどね(笑)。

っていうことで、なんとか無事に1日目の2蔵の見学を終えて、今日はもう2蔵を見せていただいてから同じルートで長野市まで帰ります。そこからまた駒ヶ根まではひとりで高速を運転しなくっちゃなりませんから、重々気を付けて安全に帰りたいと思います。お蔵さんの見学レポートはまた明日にしますね。


□□□ 秋田の名物って何? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

秋田紀行

IMG_20160608_063349_20160610183518796.jpg

さて、まずは商品発売のご案内をしておきましょう。このブログの初期の目的は、信濃鶴の広告塔にするっていうことだったんですけど、いつの間にやらその目的は忘れ去られて、半分は私的ブログみたいになっちゃって、自分とすれば良かったのか悪かったのか判断に悩みますが、それでもたまにはそれらしい事も書いとかないと自分を納得させられません(笑)。

昨日、社員総出でビン詰めをして発送準備に手を付けたんですけど、6月発売の無濾過生原酒がそろそろお取り扱い酒販店さんの店頭に並ぶ時期になりました。今回のみ中味が純米じゃなくって特別純米って事で、本当に年に1回の発売商品ってわけですね。純米については2月、4月、8月と発売されますが、特別純米はこの6月だけってことになります。

ビン詰めの日の恒例は・・・まぁ、放っておくと怒られて怖いからですが(汗)・・・越百のえっちゃんにビン詰めができたことをメールして、毎度の如くその日の夕方に最初の1本目を彼女が買っていくっていう儀式(?)ですかね。日本中のどこよりも早く鶴をお客さんに飲ませてくれるのは越百であることは間違いありません(笑)。

で、昨日ビン詰めだったんだから、今日はその発送作業でテンヤワンヤのはずなのに・・・ハズなのに、今私は新幹線の中の人になってるわけで、長野から秋田へ向けて突っ走っている真っ最中です。大変な1日を社員と一緒に頑張らなくっちゃならないのに、みんなまかせて遠くにエスケープしてんだから、「ちょっとワリー」って気分が大です(汗)。

なぜに秋田???って感じですが、私としてはたぶん人生初の秋田県だと思うんですよね。これまで東北営業で宮城、福島、山形なんかにはお邪魔してますが、秋田県はこれまで一度も訪れたことがないんじゃないかと。当然、信濃鶴のお取り扱い店があるわけでもありませんし、旅行ってわけでもありません。

これから鶴が秋田展開をしていくから、その初営業だなんていう楽しい話だったらいいんですけど、残念ながらそうじゃありません(笑)。それに、ちょっと乗車券を見ていただければお分かりのように、なんだかおかしくないですか?長野駅から大宮経由で秋田駅までのチケットになってるじゃないですか。駒ヶ根から秋田に行くなら、いったんバスで東京に出るのが常道ですけどねぇ・・・(つづく)。


□□□ 秋田は遠いなぁ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

心配事



あー、チト失敗したかなぁ・・・名古屋行きのバスの中で後悔し始めたのは、もろみを搾る機械を止めてこなかったことです(汗)。今日はこれから『長野の酒メッセin大阪』があって、名古屋まで高速バス、名古屋から新幹線で大阪までっていう予定なんですけど、朝一番のバスだったもんだから蔵に寄ってこなかったんですよねぇ・・・。

当然、そんな事は蔵の若手にやってもらえばいいんですけど、まだちょっと不慣れなもんだから心配な点もあって、自分でやってくれば良かったかと思ってるんですけどね。普段だったら後で見回りもできますけど、2日間蔵を離れるとなると何かあっちゃいけないからと余計な事まで考えちゃうのは、まだまだ蔵離れできてない証拠でしょう(汗)。

でも、それじゃあイカンでしょうね。ドンドンといろいろを任せて、信頼できる蔵人を増やしていかないと、最終的に困るのは私自身ですし、蔵の成長も望めないでしょうからね。若手が自分の意志で仕事ができるようにとはいつも考えてますが、私の方も意識改革をしないとならない時期に来ているような気もします。

・・・さて、バスから乗り換えて、今は新幹線の中です。気になっていた仕事は電話して指示を出しておきました(汗)。全くやったことのない作業ってわけじゃありませんから、少しだけ説明すれば大丈夫でしょう。どーしてもってことになれば、また電話がかかってくるでしょう。子供じゃないんだから(笑)。

本当なら、高速バスの大阪行きに乗ればいいんですけど、それだとちょっと準備に間に合わないことになっちゃうもんだから、行きだけは新幹線を使います。バスと違って破格(?)のお値段になりますが、致し方ないってところです(汗)。これからずーっと立ちっぱなしになりますし、体力温存しておきましょう。さて、今日はどんな方達と出会うことができるかな?


□□□ 9時30分大阪着でした □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

日帰り出張

そろそろこんな時期になってくると、外に出てのお仕事もチラホラ入ってきます。やってしまいたい蔵の仕事はいくらでもあるんですけど、冬の間に何も入ってなかったグーグルカレンダーの予定表が3月後半からドンドンと埋まっていくのはちょっと憂鬱でもあります(涙)。

蔵の仕事も緊急性がなければ任せておけますが、特別な事があるといろいろと気掛かりです(汗)。何もなく淡々と過ぎ行く日々なんて決してないんじゃないかと思うくらい、あれこれと勃発するのが会社の運営ですが、会社を空けたい時に限ってそれらが集中するのは、ひとえにに私の不徳の致すところなんでしょう(涙)。

それでも何でも、今日は春の長野県清酒鑑評会の審査員として、長野市まで日帰り出張です。審査員を嘱託されたからには、一生懸命に任務を務め上げなくっちゃなりません。お分かりでしょうけど、私にこんな仕事の依頼が来るのは、決して利き酒能力が高いからじゃなくて、多少の経験があるってだけの理由ですけどね(笑)。

9時30分からの審査開始なのに、駒ヶ根のバスの発車は5時50分という早起き加減で、今も寝ぼけ眼をこすりながらスマホでこの文章を書いてますけど、この次の便になると開始に間に合わないことになるっていうビミョーさで、なんとも腹立たしいです(笑)。

今回の鑑評会は、全国の鑑評会への予備審査的な意味合いで、成績のいいお酒に金賞が出るってことじゃありませんから、これと言って皆さんに期待して頂くようなことはありません(笑)。とは言え、評価はされるわけですから、その結果はまた明日ご報告しますね。


□□□ 眠い眠い □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■